麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ロン2チームの東城りおが初優勝、女流モンドチャレンジマッチ出場権獲得!/ 第15期夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ2020~個人戦決勝

ロン2チームの東城りおが初優勝、女流モンドチャレンジマッチ出場権獲得!/ 第15期夕刊フジ杯争奪 麻雀女流リーグ2020~個人戦決勝

BULL2021求人ニルウッドカバー

夕刊フジ杯争奪第15期麻雀女王決定戦の個人戦決勝が2月9日に行われ、東城りお(@RioTojyo)(日本プロ麻雀連盟・ロン2)が優勝を果たした。直近では、1月17日にロン2カップ2021winterでも優勝を決めており、立て続けに配信対局で大きな結果を残した。

今期の夕刊フジ杯の東城は個人成績2位で個人戦準決勝進出を決め、所属するロン2チームも東京4組で首位となりチーム戦準決勝に駒を進めていた。

8日 個人戦準決勝結果

東城は8日の準決勝ではC卓卓内3位。別卓の3位の選手とのポイント勝負となったがなんとか9日の敗者復活戦に駒を進めた。各卓首位の中野、和泉、岡崎は決勝進出を決めていた。

9日の敗者復活戦では汐宮あまね(RMU・株式会社ACE)がリードする展開で進んだが、オーラスの親番で東城が時間切れ最終局での逆転を決めて東城が決勝に進んだ。

決勝メンバーは東城りお(連盟・ロン2)、中野妙子(連盟・小岩rakuraku)、和泉由希子(連盟・アルバン)、丘崎詩織(最高位戦・マーチャオ)。3回戦の対局を行い、トータル1位が優勝となる。

決勝戦では敗者復活戦での逆転の勢いをそのままに東城が多くのアガリを決めて2連勝、2戦終了時点で他者3名に大きなポイント差をつけて優位な立場に。最終戦も攻撃の手を緩めることなく攻め切って場を制圧。反撃の隙を与えずに勝ち切った。

決勝の4選手(左から丘崎、和泉、東城、中野)

優勝した東城は「ずっと生きた心地がしなかったです。2連勝できたところでホッとしつつ、3回戦でもしっかり素直に打てたんじゃないかなと思います。女流モンドチャレンジマッチでは、前回挑戦時には悔しい敗退の仕方をしてしまったので、今度こそ悔いのない戦いに臨んで女流モンドへの切符を手にしたいと思います。やっとタイトルを取れたことが本当に嬉しいです。このタイトルを背負って、しっかりと麻雀を打っていこうと思います」と喜びを語った。

 

決勝配信ページ


今後の日程

チーム戦準決勝 3月11日(木)
チーム戦決勝 3月12日(金)

歴代優勝者

個人戦
第1期  二階堂瑠美 (日本プロ麻雀連盟)
第2期  成瀬朱美 (日本プロ麻雀協会) 
第3期  成瀬朱美 (日本プロ麻雀協会)
第4期  宇佐美うみ (最高位戦日本プロ麻雀協会)
第5期  佐藤かづみ (最高位戦日本プロ麻雀協会)
第6期  池沢麻奈美 (アマチュア)現日本プロ麻雀連盟
第7期  水瀬千尋 (日本プロ麻雀協会)
第8期  高宮まり (日本プロ麻雀連盟)
第9期  上野あいみ (日本プロ麻雀協会)
第10期   豊後葵 (日本プロ麻雀協会)
第11期   水瀬夏海(日本プロ麻雀協会)
第12期   水口美香(日本プロ麻雀協会)
第13期   中野ありさ(最高位戦日本プロ麻雀協会)
第14期   内田みこ(日本プロ麻雀連盟)
第15期   東城りお(日本プロ麻雀連盟)

団体戦
第4期  JAJA雀
第5期  はこパラ
第6期  マーチャオ
第7期  Club NPM
第8期  Club NPM
第9期  かめきたざわ
第10期 雀サクッ
第11期 アルバン
第12期   Club NPM
第13期   fairy

チーム・参加選手・日程

組み合わせ抽選結果記事

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top