麻雀ウォッチ

オススメ
検索
メニュー

もっと食うための現代大食技術論 第36回

もっと食うための現代大食技術論 第36回
もっと食うための現代大食技術論
2016年12月23日 20:00

 クリスマスシリーズ第3弾。今回紹介するお店は佐賀県鳥栖市の、「カフェドブルー」。前回から1年後のクリスマス。この時も懲りずにジャンボパフェに挑むのでありました。当時は何故か恒例行事になっていたようです。今年は今のところチャレンジの予定はありません(笑)

36_002

 100種類以上のパフェがありますが、そのうち予約が必要なジャンボパフェは4種。とは言っても値段が高い方はどう考えても1人で食べられる代物ではないので、一番安いクイーンズ(5人前)をこの時は注文しました。

36_003

 クリスマスなので店員の方がサンタやトナカイのコスプレをしていました。パフェもクリスマスというわけではないですが冬仕様だそうです。前回は隣にカップルがいましたが今回は…目の前にいます(笑)

 まずは上部のフルーツを食べ、中心部の生クリームから攻略していきます、しかし生クリームを掘り進めると、中から色とりどりのアイスが出てきました。まさに宝石箱のようですが、これは見た目以上にキツイ勝負になりそうです。四方にはそれぞれ、ナッツと生クリーム、ビスケットと珈琲ゼリー、画像では確認できませんが後方にイチゴジャムのムース、餡子と白玉が陣取っていました。1時間後にようやく完食。前回と違い高さは無いですが、横幅があるので量的には同じくらいはあったと思います。

36_004
 
 甘い物の大食いはキツいと分かっていながら、見た目のインパクトからついつい挑んでみたくなるもの。残りの3種のパフェも人が集まれば見てみたいと思っていましたが、クイーンズ撃破から数ヶ月後、ツイッター上でジャンボパフェを所望する声があがりました。この時は4人集まったのでフレンズ(8人前)にチャレンジ。4人居たので私的には余裕がありましたが、残りの御三方は後半はだいぶ参られたようです(笑)

36_005

 ここまで来たら今度は一番デカいやつ!ということで、それから数ヶ月後参加者を募り、プリンセス(12人前)に8名で挑みました。私より多く食べられる方が急遽参加出来なくなったこともあり完食が危ぶまれましたが、皆の力を一つにして何とか撃破することに成功しました。あまりの激闘であったため、参加者の方から様々な名言が生まれました。詳しくはブログをご覧下さい(笑)

36_006

 ラストはスイーツファッションドールパフェ。この日はクリスマスではありませんでしたが、約1年ぶりに1人チャレンジ。量はクイーンズと同程度。最初のうちは余裕があったのですが、今度は土台の部分にアイスがぎっちり詰まっていて、後半ほど食べるのがキツい食材が残ったためクイーンズ以上の苦戦を強いられました。天辺の微笑んでいる天使が、ほくそ笑んでいる悪魔に見えて来たことをよく覚えています(笑)

 最後に残ったメロンを食べきり90分でついに撃破。やはり甘い物の大食いは半端ないほど苦しいので、流石に今後は控えよう…と当時ブログに書いていましたが、こうして書いていると久々にジャンボパフェが食べたくなってきましたね(笑) ジャンボパフェかは分かりませんが、今年もクリスマスに記事のネタにできることを何か出来ればと思いました。それでは皆様、メリークリスマス。

【店舗情報】
カフェ・ド・ブルー
佐賀県鳥栖市宿町716-1
営業時間:11:00~23:30
定休日:木曜日

▼食べログ
https://tabelog.com/saga/A4101/A410103/41000114/

 【お店の近くの雀荘情報】
麻雀倶楽部 ジャンジャン
麻雀 MJ26

この記事を書いた人

ネマタ
ネマタ
現役の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。1984年佐賀県生まれ。東京大学文学部中退。

サイト:現代麻雀技術論
著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

関連記事

プロフィール

麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイト。

著者リスト

  • 青木 さや
  • 学生麻雀連盟
  • 学雀連代表 げっち
  • きゅ~
  • 一井 慎也
  • 研タロウ
  • 女子麻雀サークル MAGNET
  • まろちょふ
  • 麻雀王国営業部 しーちゃん
  • 麻雀ウォッチ編集部ライター
  • 小鶴
  • 麻雀ウォッチ編集部
  • 麻雀新聞
  • 麻雀界
  • nakamura
  • ネマタ
  • 斎藤 俊
  • スタジオ カドタ
  • 谷崎 舞華
  • 山崎 一夫
  • taroo 河下太郎
  • 鈴木 聡一郎
  • 渡辺 英行
  • 福山純生 (雀聖アワー)