麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
第9回 ネマタの雀魂日記

第9回 ネマタの雀魂日記

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で三人麻雀初の魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

メンテ明けから打ち始めましたが、なかなか調子が出ずポイントが増えない展開。こういう時に焦って打つとなおのことミスが増えがちですが、かといって打たなければ勝つことはありません。どこまで行っても、目の前の手牌と局面に応じて最善を尽くすことを心掛けるより他ありません。

雀魂牌譜

東1局2本場6巡目

三麻はメンゼンリーチが強いこともあり普段は役牌を切り飛ばして数牌を残すことが多いですが、2枚あって役牌をポンしても高くなりやすく、を引いても二度受けペンチャンが残るということでを切りましたが、他家が索子一色手を狙っていることが多くピンズが場に安くなりやすいことを踏まえるとを残すべきだったように思います。残せていれば場に安いペンリーチで下家から討ち取れていました。

両者とも索子一色手傾向となるとピンズ待ちか索子多メンチャンへの手変わりを待って単騎をリーチせず、待ちになったところも実質悪形に近く役アリ聴牌になりやすいからとダマ続行。下家が待ちに受けていればアガリ損ねていました。場を加味した単騎待ち選択。三麻では特に重要とみていますが、正直どうすればよかったか自信がありません。

東2局

対面の手順が不思議ですが国士の迷彩なら合点がいくところ。アンコから1枚外して七対子聴牌もありえます。国士狙いなら対面からの出が期待できない、七対子で既に聴牌しているなら単騎でめくり合いしたくない。それこそこちらは単騎ダマがよかった気もします。

南1局1本場

降りていれば勝ち…と降り始めたところで緑一色の可能性に気付きましたが時すでに遅し。オンライン麻雀では見え見えの役満に振る人が多すぎるという愚痴を聞くこともありますが、そもそも誰もが自分の勝ちを最大限に狙っていることを前提にするのもおかしな話です。「わざと負けるつもりはないが、役満なら他人のアガリであっても見てみたい。」 このような価値観の人は少なくないですし、むしろ麻雀覚えたての頃は自分もそうだったという方が多いのではないでしょうか。「相手の打ち筋を考慮に入れる」という話は同卓者の実力が高い時の話と考えられがちですが、最大限に勝ちを目指すのであれば、むしろ同卓者が実力者でない時ほど考える必要がある問題ではないかと考えます。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter


この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top