麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第21回 ネマタの雀魂日記

第21回 ネマタの雀魂日記

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で三人麻雀初の魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

海外サーバでは三麻雀聖ユーザーが誕生したようです。雀聖☆1〜☆3を抜けると晴れて魂天に昇格するのですが、既に私の3倍くらい対局されているようです。流石にもう少し急がないといけません。この日記も巻きで進めていくことにします。何卒ご容赦下さい。

雀魂牌譜

東1局0本場 露骨にピンズが高い場だったのでソーズ待ちにしたかったところですが払うタイミング無し。カンドラがモロ乗りして役無しなので流石にリーチしたのですが、最近は渋々リーチしている感覚です。三麻をやり始めた頃だったらドラが一杯で嬉々としてリーチしていたのですが、その頃より上手くなったかと言われると正直自信が持てない自分がいます。

東3局 東アンカンとドラ2でダマ満貫のテンパイ。大幅に負けているとはいえ、アガリにくいうえに東モロ乗りでもなければリーチの加点効率が悪いのでダマを選択。手変わりもあまりなさそうですがツモ。一般論としてフリテン3メンチャンリーチと愚形ダマならアガリ率で大差無く、今回はダマでもいかにも出づらそうなドラ表示牌待ちということでフリテンリーチに切り替えました。

南1局2本場 ツモが噛み合ずアガれない展開が続き、トップ目の親がを2枚抜いて役牌をポンしたので降り気味に打っていました。思えばこの時点でどうせ無理だろうと思った親の手出しをあまり確認していなかったのがミスの元。

親は終盤になってからを手出しでトイツ落とししたうえに、こちらが切ったを合わせ打ち。流石にこれはノーテンでしょう。必死にテンパイ取りを目指す点数状況でもないので尚更です。西家も東家の仕掛けに明らかに降り気味ですからテンパイに取るべきでした。三麻はテンパイ料で勝負が決まらないし、余計な牌を切って飛び寸前になるのは避けたいと思ってしまいましたが、この手のはどこまでいっても目前の局面を見たうえで判断すべきです。

南3局1本場 裏が乗らずラス確してしまいましたが、もし南1局でテンパイに取っていれば、東家がリーチ棒を出したところで跳満直撃条件になりラス回避できていました。「三麻でもテンパイ料が勝負を決めることがある」「手出しを見るのは他家のテンパイを読むためだけでなく、ノーテンを読むためでもある」 肝に銘じておきたいものです。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter


この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top