麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第57回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第57回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

四麻は三麻と比べてラフに打てる局面が多いので、打っててあまり体力を消耗せずに済みますが、三麻と違ってチーがあるのもあり、鳴き手に対して正しく対応できないと足元を掬われることがあります。元々鳴き読みは苦手な分野ですが、期間を置いたのでますます出来なくなっていることを改めて実感させられました。

雀魂牌譜

東1局

123三色もみて6ブロックに受ける打。とはいえなら5ブロックに受ける落としなので、をツモるかをツモるかで落とすブロックが変わり得るというのが、6ブロックに受ける本当の理由です。

先程の理屈ならリャンメンを落とすところですが、はドラ表示牌なのでツモりにくく出にくい。南家の手が早そう。が待ちとして強そう。赤ドラを引いて打点を補えるケースがある。細々とした要素の積み重ねでリャンメンを残してみました。

裏目は単なる無駄ヅモと言い聞かせてもこれは痛い。

手出しでの順なので、ケアすべきはよりと何かのシャンポン。悪形の方が鳴かせなければアガられない可能性が高いのですからなおさらです。先にテンパイを入れさせてしまい満貫をアガられてしまいました。振らなくてもこれは手痛い失点。メンツをスライドさせられる形は何度も出てくるので、どちらがよいか場を見てきっちり判断しましょう。

東2局

見た目枚数は5対3。1枚切れなら出アガリもそれなりに期待できそう。だけでなくツモでも満貫なので打点差でシャンポンを選択。

対門が3フーロして、ドラだけは流石にと思った矢先にツモってきてしまいました。3フーロして打、そこから手出しで打。ここからターツ落としが入るとなるとありそうなのは単騎の待ち替え、候補はとなるとは切れないと判断してテンパイを崩してしまいました。

…読みとしておかしいですね。もし単騎待ちだとするなら、東家の切ったでロンしているはずです。

それなら3フーロしているとはいえ、打の時点ではノーテン。ドラが切りづらいのはお互い様。牌の残し方から対門もストレートにテンパイを目指しているとは考えにくいので、を抱えてノーテンのケースを考慮してしかるべきでした。は通ったばかりなので、対門の手牌がなら、以外のあらゆるツモでも必ず通るが切り出されるため、テンパイ料のためにリスクを負う価値もありそうです。

テンパイを取れていれば2着のところをラス。またしても

であります。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top