麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第60回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第60回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀魂は収支もptに反映されるので、オーラストップ目からの役有りテンパイリーチや、裏ドラが乗ったとしてもラス確になるアガリが有効になる場合もあります。しかしこの辺りは基準が確立していないのもありなかなか上手くできません。少しの損失も積もれば大きいので、この辺りはもっと突き詰めたいところです。

雀魂牌譜

東1局0本場

のみ手でアガリ牌が残り1枚のテンパイでもその瞬間は取るに越したことはないとみますが、テンパイ不確定の他家に対する押し引きが難しくなるのが難点。3900で済んだのはむしろついてました。

東1局1本場

が枯れて厳しいところに対門からリーチ。ひとまず現物の切り。

しかしこうなると現物が無く、宣言牌のスジかつドラ含みのペンチャンもあるよりは、リャンメン以外に当たらず通ればもう1巡凌げる打。こうなると先にを切っていれば、ここで押し返しの目が十分残る1シャンテンになってよかったのではという話になります。しかしリーチの一発目に、現物があるのに無スジを切って2シャンテン戻しは相当違和感がある打牌なので選べませんでした。違和感より、あくまで場況に応じた損得にこだわるようにしたいものです。

が通ってが切られたので鳴き三色狙いで仕掛けてみました。ポンで満貫手になりましたが、テンパイ前に手詰まりすることも多いので微妙だったかもしれません。

南2局0本場

789三色はを雀頭にしたうえでにくっつける必要があります。素直にカンチャンを残すべきでした。

しかしメンツをかぶったからこそ高く仕上がることもあるのが麻雀。下家がを引っ張っているのに打リーチよりはフォロー牌。が4枚見え、も3枚見えとなるとがトイツ以上。これはアガれそうにないから何を引いたら降りようかなどと考えていたらラス牌をツモってきました。

南2局1本場

の方が先にテンパイした時に待ちが強くなり、ツモも打に劣るとはいえ無駄にならない。打がよかったですね。2着と20000点差以上つけているので役無し悪形リーチを避けたかったというのもありますが、親は満貫直撃より跳満をツモられた方が点差が縮みます。「53100点以上のトップで雀士☆3に昇格」という条件戦でもあったのでなおのこと素点を稼ぎにいくべきでした。

待ち頃の単騎を引かずに迷走中。単騎でも単騎でもリーチならアガれていました。

南4局

前局平和ドラ3の手をアガってダントツでオーラス。今回は通常なら素点稼ぎでリーチ打った方がよさそうですが、既に昇格条件を満たしている(昇格条件を超えて稼いだptは持ち越しされない)のでダマ。改めて、トップを取れるほど調子がよいときほど収支に影響を与えやすい選択が増えるので、力量の劣る打ち手は勝っていても疑問手がむしろ多くなるということを痛感させられました。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top