麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第70回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第70回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人MEWS
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀傑☆1から☆2への昇格戦。2着でも昇格なのでそのことを踏まえたうえで打ち回すことを心掛けることにします。

雀魂牌譜

東2局

テンパイ料との兼ね合いで終盤の安手リャンメンテンパイでも案外押せるものですが、リーチ一発目に両無スジなので押しづらいところ。待ちの候補がまだそれなりに残っているとはいえ、トップも2着も等価なら引いておくのが無難とみました。結果は下家がすぐを引いてアガリ逃し。ここの取りこぼしで後から泣きを見るかもしれないと少し不安になります。

早いリーチに現物はありますが、通りやすい打。通れば安牌を水増ししつつ押し返す手順が残りやすい打も考えられます。トップと2着が等価値な条件に加えて、いきなりが切られているので周辺が通しやすいことから、相対的に単純な無スジの危険度が高くなっていてリーチの良形率も高いことから現物を切りました。これまで一応押し返す可能性は残っています。

メンゼンでテンパイすれば三色が崩れる安めでも十分押せる手なので、唯一の現物を抜くくらいなら押し。カンで当たりづらく、シャンポンではの方が当たりやすいので打とします。

ベタオリとの比較ならのみ手でもリャンメンテンパイに取った方がよいとみますが、今回は「スルーしてよりよい手でテンパイか、更に無スジを引いてベタオリ」との比較。トップが突き抜けて加点のリターンより放銃リスクが高い局面なのもありスルーを選択。

こうなればも勝負。運良く高めが出て満貫のアガリになりました。

南3局

は純チャン三色狙いのラス目の下家に使われてそうで他家からも出にくい。は下家の現物で比較的出アガリがききやすいということでカンチャンを選択しましたが、赤を切っても打点変わらずなのでどうせなら打がよかったですね。

盛大にアガリ逃しましたがトップ目から直撃。普段なら「出場所最高」ですが、今回はトップも2着も等価なので、オーラス対門の満貫ツモで3着に落ちる唯一のアガリ場所ということで、トップ目からの直撃でトップ目になったにも関わらず「出場所最低」という世にも珍しいことになりました。

南4局

1メンツもできないうちに対門からリーチ。「対門の手が出アガリ5200だったので放銃すれば2着で済んだのに、ツモられて3着に落ちてしまう」という最悪のケースが頭をよぎりますが、ここまでアガリに遠いのであれば、「対門の手が出アガリ6400以上で、横移動か流局でトップか2着のところを、押したせいで放銃して3着落ち」のケースがまだあるとみて、ツモられないことを願って降りを選択。

裏が1枚乗っていたのでツモられたら本当に3着に落ちていました。無事昇格できましたが、いざテンパイ料で2着に落ちたとなると、東2局で押していたらトップだったのにとタラレバを言いたくなってしまいました。あくまで獲得ptで判断すべきと分かっていても、やっぱりトップは特別な価値があるという思いが抜けきれずにいるのでありました。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top