麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第76回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第76回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人MEWS
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

雀魂デビューからずっと使っていて愛着のある猫巫女の一姫を覚醒させたので再びプレイヤーキャラにしていたのですが、三麻でを抜くときの「ペーニャ!」の声が少々うるさいのが玉に瑕。そんなわけで再び花ちゃんに変えました。

そんなことはないですよ。やっぱり可愛い子じゃないと…ごめんなさい(笑)

雀魂牌譜

東2局

三麻は無理に染めずアガリ率重視と言っても、2翻のアガリより跳満テンパイの方が流石に上。打とすべきでした。ここでテンパイに取らない方がよいのですから、前巡ののところも打。一手先を見据えていないと損な選択を取りがちです。

東3局2本場

三麻にも三色はあります!…それはいいですが前巡は東家の現物を残して打でした。通ったからいいものの、三麻はこういう一打の差が大きな違いになりかねません。3巡目のも打でしたね。ツモから純チャンでテンパイすることもあります。

東3局3本場

2シャンテンですがを使うよりアンコ手が出来た方が高い。テンパイまで残った場合は絡みのカンよりは待ちが残る方がよいとみて切り。

基本はリャンメン固定の打ですが、打点ではツモりサンアンコがあり、と切って読まれやすいリャンメン待ちよりはシャンポン待ちがアガリやすいまである。打としてみました。

チートイツもあるので何を切っても1シャンテンの形。ドラが無いこともあり、いっそ四暗刻までみる順子落としとしてみました。チートイツテンパイ時に待ちが強くなるように打

珍しいことに順子を落としているうちに再度メンツ手1シャンテンになりました。リャンメンが揃ったので今度はメンツ手に取る打

ダマでも満貫クラスの手ですが、他家に勝負手が入っていなければいずれにせよは止められやすく、まずまず山に残ってそうでもあるので即リーチ。運良く一発でツモって跳満。手順が正しいかどうかはさておき。手牌が目まぐるしく変化して、配牌時には全く想像もつかないアガリになったので何かと印象に残る一局でした。

雀魂-じゃんたま-情報

2019年4月25日にサービスが開始された無料で楽しめるオンライン麻雀サービスです

雀魂サービス開始記事

公式HP

公式Twitter

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top