麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
第149回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第149回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ           

雀魂公式大会、「雀魂四象戦-夏の陣-」の開催日、ルールが決定しました。麻雀ウォッチのライターとして優勝を目指したいところですが、「2着以上勝ち抜け」の大会で苦い思いを一度しているので、二の舞にならぬよう注意したいものです。

雀魂牌譜

東1局

大会の予行演習…というわけでもなく、予約者が3人だったので久々に王座の間で四麻を打ちました。アンコ含みのチートイツ1シャンテンならをポンしてトイトイ1シャンテンに取ります。

ただしドラの役牌が鳴けないとアガリにくく、チートイツでもリーチで跳満、裏ドラで倍満と高打点を狙いやすい。この段階ではポンするとしても、比較的守備が堅いメンツであることを踏まえると前巡をツモ切ってチートイツに絞った方がよかったかもしれません。

満貫の出アガリとなりましたが、下家は高打点が狙える1シャンテンとはいえこの終盤でアガリに結びつく可能性が高くないうえに、ここからが切り遅れになる可能性も低い。一旦切りが良かったように思われます。

東2局1本場

を切ってツモでもテンパイを逃す代わりにメンツが完成してくっつき1シャンテン。手牌の形だけで考えるとソーズで2メンツ作るよりは3〜7牌の浮き牌を残すことが多いので手拍子でツモ切りそうになりました。

しかしドラなので、ツモの1シャンテンはマンズ側にくっつくとリーチのみになることからリーチドラ1カン待ちと比べて価値が低い。それなら単純なペンチャンと浮き牌の比較に近く、1シャンテンに取っておくに越したことはないとみて打としました。

ペンチャン、カンチャンツモだと符ハネで2600オールに届くのもちょっとしたメリット。極めてシンプルな1シャンテンにも関わらず、自分の中でうまく体系化できていない手牌があったことに驚かされ、まだまだ勉強が足りないと痛感させられました。運の要素は高いものの、再現性の低さから何十年打ってもまだまだ伸びしろがあることに気付かされる。それが麻雀の最大の魅力かもしれませんね。

 

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。
「咲-Saki- 全国編」とのコラボも決定!

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top