麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
第189回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第189回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ           

明日は雀魂メンテ日。メンテ明けに新キャラが追加されます。

見た目がカードキャプターさくらっぽいと思ったら、何と声優さんも同じ方!これは人気が出る事間違いないでしょう!

魂天神社の世界にも新聞記者が登場。キャラのスタンプに某栄養ドリンクを思わせる瓶が並んでいるのが気になりますが、新聞記者は激務なのでしょう。今後どんなキャラが登場するのかが見物です。

雀魂牌譜

東1局

いきなりドラアンコを含む大チャンス手。このような時にポンテンのアガリやすい満貫テンパイを取りこぼさないようにから切るのか、メンツ候補が足りていないのでシンプルにから切るのか。以外の浮き牌からもメンツを構成しやすいので、を引いてターツを逃してもアガリ逃しには結びつきにくいとみてから切りましたが、正直未だによく分かっていません。

結果的に雀頭を取りこぼし、最後のツモでようやくテンパイ。はリーチの現物。上家は3枚切れにつきカンチャン待ちならから切り。単騎待ちなら単騎にするはずなのでは通るはず…と思ってきると、「カンチャンかつ単騎」だったので当たってしまいました。何年かに一回ある、「その待ちかよ!」となるやつです(笑)

東4局1本場

5ブロックに受けるか6ブロックに受けるかの問題は、結局のところ残したリャンメンがシュンツになった時のことを考えて判断すればよいです。リャンメンがシュンツになった時に余り牌が出ますが、その余り牌が雀頭になることでメンタンピンに移行する変化が豊富にあるので打としました。

南3局

の1シャンテンで、普段ならツモのタンヤオイーペーコーが大きいので打とするのですが、1枚0枚では流石にカンは外せませんでした(切りなのはラス目の現物を残すため)。上家が手出しでトイツ落とし。鳴いても役有りテンパイになりませんが、ここで鳴かないとアガリ目のあるテンパイにほとんどならなくなるので鳴いて打とします。

シャンポンテンパイからツモはラス目のリーチに通ってない牌ですが、直前に上家が手出しで切ったはリーチに降りてトイツ以上から切ったものでしょう(アガリを目指していてが不要なのにが必要だったということから)。通りさえすればアガれる公算が高いので勝負。東家とのダブロンは想定外でしたが、これでトップに浮上しました。

南3局1本場

新しく雀頭を作る必要があるクイタンと、雀頭はがありターツを作ればよいホンイツとどちらがアガリやすいか。上家が序盤でを切ってきたので、その周辺のソーズも鳴きやすいとみてチー打でホンイツ狙いとしました。

リーチに降りていたつもりが形テンになりました。ラス目のリーチに無スジでも通せばオーラストップ目なら切りそうですが、通さなくてもオーラストップ目だったので止めました。

南4局2本場

結果的にはテンパイ料を取らなかったので対門に1000点をアガられ2着に終わってしまいました。最近トップから遠ざかっていたので少し悔しいですね。メンテが明けたらまた実戦に励むことにしましょう。それではまた次回。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。
「咲-Saki- 全国編」とのコラボも決定!

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top