麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
第299回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第299回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

BULL2021求人ニルウッドカバー
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

先週末は雀愉リーグ。今節の成績上位4チームが決勝卓に進出。我らが「赤阪ドンブリズ」は5位。6位以下とは大差なので、4位のチームを着順で上回れるように全力を出すのみです。

雀魂牌譜

東1局1本場

予選終了まで残り2戦のところで4位のチーム(対門)と同卓。運良くダブルリーチの手をツモ和了。ここから更に追加点を稼いで一時は安泰だと思っていたのですが…

南2局

上家下家は予選通過が厳しい下位のチームなのであまり和了が期待できないとなれば、自分で和了しなければ対門にチャンスが来るのは自明の理。対門の猛追を受け、リーチの現物かつ一見対門にも通ってそうな[④]切りで満貫放銃。

リーチに当たるのはやむなしと割り切って[二][発]を切った方が良かったかもしれませんが、結果的にリーチがかかる一巡前の時点で降り気味に[北]を切ったために安牌が尽きてしまったのが悔やまれるところ。必要以上にリスクを回避しようとすると、別のところでリスクが生じてしまうのが麻雀であると痛感させられます。

南4局

ついに対門に着順で上回られてしまいましたがオーラスに逆転手が入ります。聴牌(チャンタ南ドラ1の3飜40符)にとってもツモか直撃で逆転ですが、[⑦]にラグがかかったこともありホンイツに一通か白をつけての4翻狙い。

出アガリでもトップの聴牌になりましたが、対門も自力で和了しないと逆転されるとみて最大限にアガリを取りにいく[1][4]待ちリーチ。一発目のツモは…[4]! 対門の次のツモはこちらの和了牌である[二]。まさに紙一重でした。

南4局1本場

和了やめがないので続行。逆転条件はツモなら倍満、直撃なら跳満、脇からの出和了なら三倍満。対門は流局ノーテンで伏せればよいだけなので紛れもなくラストチャンス。あまりにも厳しい条件と思われましたが…

何と逆転条件を満たす聴牌が入りました!この時に比べれば何てことない逆転条件。後はツモれることをただ願うのみです。

しかし何度も上手くいくものではなく、上家に満貫を放銃して着順も3位に後退して終了。

残り1戦を残して146700点差(最終戦は4位のチームと別卓)。チームリーダーとしてとりあえず親で軽くダブル役満を決めてきます!

…有言実行ならず。[白]の積み場所さえ間違えてなければ…。そういうわけで予選敗退。参加者の皆様有り難うございました。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top