麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第315回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

第315回 ネマタの雀魂日記〜魂天になるまでやめれま天

BULL2021求人ニルウッドカバー
ネマタの雀魂日記とは
  • 『ネマタの雀魂日記』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによるネット麻雀「雀魂」で魂天位を目指すコラムです。
  • 初回はコチラ

 今年も残り1ヶ月になりました。来月は四象戦冬の陣も控えています。私は来年に向けて麻雀記事のストックを作りつつ実戦に励む所存です。

 雀愉にて新しい大会形式、「オールドスクールfor秋刀魚」。すなわち三人麻雀ながら一発裏ドラ赤ドラ無しルールのテストプレイをやってみました。「元々アガリやすいので高い手を狙って作ることも難しくない」三麻においては、一発裏無しにすることで戦略の幅が広がり面白くなるのではと思った次第。惜しむらくは雀魂の大会戦では[北]を抜きドラ扱いにしか出来ないこと。このルールなら[北]は役牌扱いにしたいですね。

雀魂牌譜

東1局

普段の三麻でここからピンズのホンイツを狙おうものなら欲望の化身と揶揄されそうですが、場況とオールドスクールであることを踏まえて打[5]としてみました。結果的にはいずれにせよ和了には結びつかず下家に2600放銃。

南3局

一度も和了できずにオーラスラス目ですがオールドスクールにつき何とか耐えているところ。しかし一発裏無しなのでリーチドラ3ではツモってもラス確。[白]を刻子にしてリーチツモ役牌ドラ3の跳満ならよいですがそのために[③]を残すとなるとドラ[一]が使いづらい。何とも難しいところですが私は打[③]を選びました。

理屈からすれば跳満ツモの受け入れが減る前図でも[③]を切ったのでここもツモ切りが妥当そうですが、そろそろ[一]を残すことで和了逃しになる可能性も気になったのでここで[一]切り。

結果的にはその直後に下家が[一]単騎で聴牌!一手差で東家から直撃してラスを回避することができました。既存のルールの組み合わせでも普段と違う判断が求められる局面がすぐに生まれるのも麻雀の面白いところですね。それではまた次回。

雀魂 について


オンラインで全国のプレイヤーとリアルタイムに対戦できる麻雀ゲームです。
全世界のプレイヤーと対戦を行うことができる「段位戦」、チャットを送れる友人と好きなルールで対戦できる「友人戦」、プレイヤー同士で開催/参加できる「大会戦」など様々な対戦スタイルにより、麻雀の初心者から上級者まで幅広くお楽しみいただけます。

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top