麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討  第14回

ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討 第14回

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討とは
  • 『ネマタの第十期天鳳名人戦牌譜検討』は、麻雀研究家・ネマタさんが「第十期天鳳名人戦」で気になった局面を取り上げていくコラムです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。

第一節二回戦4卓

▼対局者
就活生@川村軍団
Ⓟ高津圭佑
Ⓟ渋川難波
豚の王

牌譜はこちら

東3局

ツモでリャンメン+フォロー牌の形を作ることを優先するなら打。ツモで端寄りのリャンメンを作ることを優先するなら打。私は前者を選ぶことが多いですが、昨今は後者のメリットを優先する実力者が増えた感があります。

東4局

ポンなら3900→7700が大きく残り1枚でも基本は打。しかし東家がダブ込み2フーロ。より先に切っているのでホンイツで高打点のケースも考えられます。強いリャンメンを残すことで東家の和了を阻止しやすくなる打と迷います。

南1局

暗刻があるチートイツ1シャンテンならトイトイも見るところ。一応1枚切れで、ツモで聴牌した場合も単騎の方が和了しやすいので打でしょうか。

西家からリーチが入ったところで6000オール。トップが盤石になりました。

南1局1本場

ダントツの東家がをアンカンしてリーチ。良形5200聴牌ならそうそう降りないものですが、運良くトップ目から直撃できてもトップは遠く、振った時はドラ1枚だけでも6800で着順が落ちる2着目となると無筋勝負は厳しい。押しても結果は同じでしたが、東家がダメ押しの3900オールツモ和了。こうした理由でダントツができた時は攻めにくいもの。だからこそ大会形式では、リードを守るより更に広げにいくような打ち方が強いとも言えます。

南4局

トップはほぼ決まりましたが2着以下はまだ分かりません。オーラスラス目の親で配牌からいきなり何切る問題のような手牌が来ました。

マンズのリャンメン+フォロー牌(以外雀頭無し)と、ソーズの雀頭を作る3メンチャンは、言うなれば良形搭子を構成しやすい強浮き牌同士の組み合わせ。悪形残りの1シャンテンならシャンテンを戻してでも残すのが有力です。

シャンテン戻しをする際は「雀頭を崩すより搭子落とし」が基本。何故なら雀頭よりも搭子が出来やすいからですが、今回はソーズの形が「搭子は作りにくいが雀頭は作りやすい形」。この場合は雀頭を崩してリャンメンを残す打が候補に上がります。今回はドラで、和了した時にドラ使いになりやすいというメリットもあるので打に分があります。ドラ無しなら稀に刻子手に伸びることも踏まえて個人的には打が好みです。

手順がうまく噛み合い、安めですが一発でツモって3900オール。2着で対局を終えることが出来ました。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top