麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第244回 「フリー雀荘で得するのはどっち!? 著:石井一馬その15」

ネマタの戦術本レビュー第244回 「フリー雀荘で得するのはどっち!? 著:石井一馬その15」

BULL2021求人ニルウッドカバー

テーマ18

 チートイツのドラ単騎については、ドラが何であるかにかかわらず基本はリーチと考えてよいと思います。アガリづらいとはいえ待ちを変えると打点が落ちるので、手変わりのメリットがあまり大きくないためです。一発裏ドラに祝儀があるルールならなおさらリーチ有利と言えそうです。

チートイその6・ドラ単騎の立直orダマ - とりあえず麻雀研究始めてみました

 手変わりを考慮しないのであれば、ダマと比べたリーチの優位性はドラが中央に近い方が高いと言えます。ダマにしていてもあまり出やすくならないので、リーチによる打点上昇と他家のアガリ率低下の恩恵が大きいためです。逆に、ヤオチュウ牌のドラについては、リーチするとほぼ出アガリは期待できないが、ダマならそれなりに切られるというケースも結構あります。局期待値のうえではダマ有利にまでは至りませんが、ダマでもあがれば余裕のあるトップ目になる場合や、注目されやすいクイタン仕掛けの他家がいる場合にはアガリ率重視でダマを選ぶこともそれなりにありそうです。

鳳凰卓の基礎パラメータその26・チートイドラ待ち出る率、筋待ち出る率、手替わり牌が筋牌率 - とりあえず麻雀研究始めてみました

 ドラで待たないと打点が落ちるとはいっても、チートイツのみでも一発、ツモ、裏次第で高打点になるケースがあることもあり、ドラ単騎のままリーチするとかなりアガリづらい場合は、ドラを切ってもアガリやすい単騎待ちへの手変わりを目指した方がよい場合もあります。

 生牌(1枚見え)の場合は、特にアガリにくい456の無筋リーチチートイツドラ単騎であっても、ドラ無しリーチチートイツの方が局期待値で勝るのは無筋19牌単騎よりよい待ちに手変わりした場合のみなので、生牌なら基本はリーチですが、ドラ単騎側がこれ以上にアガリ率が低いと想定される場合、本書の通り1枚切れ以上(残り2枚以下)の無筋3〜7牌、無筋19より出アガリが期待しづらい2枚切れ(残り1枚)については、ダマからアガリやすい待ちになればドラ切りリーチとするのがよいでしょう。今回はドラ2とドラ0の比較でしたが、ドラを切っても赤がある手ならリーチチートイツ赤で最低でも6400点になるので、アガリにくいドラ待ちよりもアガリやすい非ドラ待ちへの手変わりを目指すことも増えます。

チートイその9・リーチorダマ低打点 - とりあえず麻雀研究始めてみました

本記事に関するご紹介

フリー雀荘に勤務し、勝ち続けているプロが教える、フリーで得する35の法則。
この本には、フリー雀荘でよくあるシーンでどっちが得か、その答えが詰まっています。
 
石井一馬 (著)
発売日:2017年1月16日
定価:本体1,200円+税
AMAZON販売ページ

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top