麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第683回「日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法 著:かにマジン  その17」

ネマタの戦術本レビュー第683回「日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法 著:かにマジン その17」

BULL2021求人朝宮あろま
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

第4章 7

 麻雀牌は1種につき4枚しかないので、4枚見えた牌をターツで持つような待ちには当たらないことになります。いわゆるノーチャンスです。これだけでも、4枚見えの牌が重要な情報になるということが分かります。
 しかし、ノーチャンスだからといって必ずしも安全とは限りません。単に、「◯◯だから安全」と判断してしまうと、例外パターンを見落としがちです。今回のように、「例外パターン」以外が考えにくいのでむしろ危険牌の筆頭ということも有り得ます。現物以外の牌を切る必要がある場合は、「当たるとすればどのような場合か」を先に考えるようにしましょう。

第4章 8

 同卓者を意識し過ぎるあまり、下手に打ち方を変えて損してしまうことは避けねばなりませんが、同卓者の打ち筋を意識しない方がよいというわけではありません。打牌基準は変わらないとしても、本書で指摘されているように、同卓者の打ち筋によって求められる能力は変わります。どのような能力が求められるかを事前に意識できている方が、実力を発揮しやすいということは間違いありません。
 これは裏を返せば、色々な打ち筋の相手と同卓することが実力向上にもつながるということでもあります。強くなることを目指すなら選り好みをせず、普段は足を運ぶ事のないフィールドで打ってみるのも面白いですね。

日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法

日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法380万人の天鳳プレイヤーの頂点に立ったのは普通の会社員! 天鳳位、フリー勝ち組になる51のメソッドが凝縮。著者の名は「かにマジン」。ネット麻雀のハンドルネームからとった名前だが、もちろん実在する人物である。
なぜごく普通の負け組だった男が仕事をしながら麻雀も強くなれたのか。一人の麻雀人生物語とともに、そこで学んだ戦術を公開。これを読めばあなたも仕事でも麻雀でも勝ち組になれる!

 
かにマジン
単行本:1,404円
Kindle Unlimited
 
 

購入はこちら

 

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top