麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第688回「日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法 著:かにマジン  その22」

ネマタの戦術本レビュー第688回「日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法 著:かにマジン その22」

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

第6章 3

 麻雀は対戦相手が3人いるうえに、加点できる人だけが手牌を公開するゲームです。よって、自分の不運は嫌でも見なければならないのに、相手の幸運ばかりを見せ付けられることになります。「自分だけがついてない」と思い込んでしまう人が多いのも無理はありません。
 しかし、ツモや他家のアガリに対して干渉することができません。自分にとってどうにもならないことばかりに意識が向いてしまうと、「どうにかできたかもしれないこと」に気付きにくくなってしまいます。他家への愚痴が多い人は、自分の選択には疎かになっているものです。
 抽選や結果に一喜一憂するのも、麻雀の楽しみ方の一つではあります。しかし、勝つことを目指すのであれば、やはり自分の技術を介入できる領域、選択にこそ意識を集中させるようにしたいものです。

第6章 4

 人間という生き物は、およそ確率を客観的に判断することは難しいようにできています。麻雀に関する確率統計的な知識を身につければ解決できるかと言われればそうではなく、むしろ不運を不運と気付きやすくなり、イライラすることが増えてしまうものです。
 しかし、滅多に起きない不運と言っても、「滅多に起きない不運」とみなされるような事象はそれこそ無数にあるので、実際には何かしら当てはまっていることは珍しくないのです。
 「不運」も抽選、結果の範疇なので干渉しようがありません。3の繰り返しになりますが、どうにもならないことばかりに意識が向くと、どうにかできたかもしれないことに気付きにくくなります。自分の受けた不運の数を数えるくらいなら、その労力を自分にできる打牌選択に向けるようにしましょう。

日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法

日本一麻雀が強いサラリーマンの必勝法380万人の天鳳プレイヤーの頂点に立ったのは普通の会社員! 天鳳位、フリー勝ち組になる51のメソッドが凝縮。著者の名は「かにマジン」。ネット麻雀のハンドルネームからとった名前だが、もちろん実在する人物である。
なぜごく普通の負け組だった男が仕事をしながら麻雀も強くなれたのか。一人の麻雀人生物語とともに、そこで学んだ戦術を公開。これを読めばあなたも仕事でも麻雀でも勝ち組になれる!

 
かにマジン
単行本:1,404円
Kindle Unlimited
 
 

購入はこちら

 

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top