麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの戦術本レビュー第1138回「『夢をかなえる麻雀ノート』編 その10 著:神尾亮 監修:朝倉康心」

ネマタの戦術本レビュー第1138回「『夢をかなえる麻雀ノート』編 その10 著:神尾亮 監修:朝倉康心」

CABO求人ニルウッドカバー
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

当レビューは書籍の内容に関するネマタ氏が当書の回答に異論があるもの、追記事項があるものを取り上げます。姿牌、局面については書籍を購入してご確認下さい。

Theme24.

二軒リーチ押し引き判断。二軒リーチにテンパイを崩して再度追いつくことは稀なので、単に押すか降りるかで考えて差し支えありません。親にはが大体通る牌、安め1翻高め3翻、高めでアガれば順位浮上が期待できるラス目となると打リーチを選びそうです。

Theme.25

1シャンテン押し引き判断。高打点が狙えるくっつき1シャンテンですが、くっつきと言っても良形が残りにくいので実際はリャンメン×2の1シャンテンと大差ないとみます。浮き牌は全て無筋です。親であることを踏まえると点数状況がフラットな局面なら押し寄りですが、下位ともあまり点差が離れていない南場トップ目となると降りが無難でしょうか。手順からが端牌にしては放銃率が高いというのも今回は重要ポイント。これが序盤でが切られていて比較的通りやすいとなれば押す手もありそうです。

Theme26.

「宣言牌の裏筋は通りやすい」は、従来言われてきた「序盤の裏筋は危険」の裏返しです。序盤の裏筋の危険性が一般論として成り立つわけではないのと同様、このセオリーも一般論として正しいとは言えません

今回については河情報が少なく、は悪形には当たりにくいことから通常の無筋37牌よりは通りやすいと言えそうです。しかし良形に関しては、リャンメンが揃っているならからはむしろ逆手にとってを切られそうですし、本譜のような三色狙い、をフォロー牌に含むメンツ+ターツの形も考えれるので否定できません。もかなり薄いので、現物の切りでテンパイ取り、も薄いうえにフリテンになっているのでダマに受けます。

夢をかなえる麻雀ノート

全部で87原則!これをおさえれば麻雀で強くなりたいあなたの夢もかなうかも!?

勝ちきれずにいたプロ雀士が、強くなるために、失敗や成功をすべてつづった麻雀ノート。
誰にも見せるつもりがなかったが、トッププロの濃密な教えを肉付けして大公開。
全ページフルカラーで見やすい!

著者の神尾亮がプロ同士で実戦対局。

1局終わるごとに手牌と裏ドラを開け写真撮影。

トッププロ朝倉康心の教えを肉付けしてノート完成!

リーチをするか、鳴くか、押すかオリるかなど、29のテーマで「失敗→検証→必勝三原則」の構造。
面白さと役立ち度満点です!ぜひこれを読んであなたの麻雀の夢をかなえてください。

購入はこちら

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top