麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
ネマタの戦術本レビュー第1137回「『夢をかなえる麻雀ノート』編 その9 著:神尾亮 監修:朝倉康心」

ネマタの戦術本レビュー第1137回「『夢をかなえる麻雀ノート』編 その9 著:神尾亮 監修:朝倉康心」

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

当レビューは書籍の内容に関するネマタ氏が当書の回答に異論があるもの、追記事項があるものを取り上げます。姿牌、局面については書籍を購入してご確認下さい。

Theme22.

リーチ後のミンカンは以前ならタブー視されることもありましたが、自分がテンパイなら案外悪くないことがシミュレートにより判明しました。

しかしこれはあくまで1対1のケース。今回は他家3人が全員テンパイの可能性も珍しくありません。全員がテンパイであれば、たとえ自分がリャンメンテンパイでもリンシャン牌でアガるより振り込む可能性の方が高く、カンによって他家の打点を上げるデメリットも大きくなります。

カン判断に限らず、押し引き全般は1対1なら積極的な選択が有利であることが案外多いものです。しかし四人で対戦している以上、実戦では1対複数になることも多々あります。リーチがかかった場合は、別の他家の動向も意識しておくようにしたいものです。

Theme.23

形テン押し引き判断はこちらを御参照下さい。これだけ見れば結構押せそうに見えます。

しかし、下家がマンズホンイツ狙いにもかかわらずこれだけマンズを切ってきたというのであれば、待ちがかなり絞れるので生牌のは相当危険牌です。(手出し次第ではホンイツでない可能性も有り得ますが、開けられた手牌を見るに、手出し牌を認識できればホンイツだと分かる手順であったと思われます。) 最終盤に特徴ある仕掛けが入っているとなれば、期待値500点を覆す放銃率10%の差が生じることも珍しくないとみます。

テンパイを崩した場合も再度安牌を切りつつ形テンが取れる可能性があるというのも押さえておきましょう。押し引き基準は形テンを取らなかった場合はノーテン前提なので、ツモが残っているケースで形テンを取るかどうか微妙なら、安全に形テンを取れる可能性が残る選択が勝ることが多いと思われます。

テンパイ料による支出を抑えるために、自分からは安牌だが他家にとって危険牌に見える牌を切ることで他家を降ろす選択。意識的に出来た試しはありませんが、個人的にも頭の片隅に置いておきたいですね。

夢をかなえる麻雀ノート

全部で87原則!これをおさえれば麻雀で強くなりたいあなたの夢もかなうかも!?

勝ちきれずにいたプロ雀士が、強くなるために、失敗や成功をすべてつづった麻雀ノート。
誰にも見せるつもりがなかったが、トッププロの濃密な教えを肉付けして大公開。
全ページフルカラーで見やすい!

著者の神尾亮がプロ同士で実戦対局。

1局終わるごとに手牌と裏ドラを開け写真撮影。

トッププロ朝倉康心の教えを肉付けしてノート完成!

リーチをするか、鳴くか、押すかオリるかなど、29のテーマで「失敗→検証→必勝三原則」の構造。
面白さと役立ち度満点です!ぜひこれを読んであなたの麻雀の夢をかなえてください。

購入はこちら

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top