麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
ネマタの戦術本レビュー第1135回「『夢をかなえる麻雀ノート』編 その7 著:神尾亮 監修:朝倉康心」

ネマタの戦術本レビュー第1135回「『夢をかなえる麻雀ノート』編 その7 著:神尾亮 監修:朝倉康心」

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア
ネマタの戦術本レビューとは
  • 『ネマタの戦術本レビュー』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる戦術本レビューです。
  • ご意見・ご感想がありましたら、お問い合わせフォームから送信してください。
  • 第1回から読みたい方は、目次からご覧ください!

当レビューは書籍の内容に関するネマタ氏が当書の回答に異論があるもの、追記事項があるものを取り上げます。姿牌、局面については書籍を購入してご確認下さい。

Theme17.

先制なら安手悪形テンパイでもリーチを打つのですから、通常の悪形よりアガリ率で劣るとはいえ、ツモれば満貫のドラ単騎テンパイなら基本的には即リーチの一手です。

しかし、何らかの理由で他家にドラがトイツ以上と分かるのであれば山に残っている枚数が最大でも1枚。ドラを持っている他家に放銃するリスクもあるのでリーチは控えたいところ。ドラ単騎にこだわらずアガリやすい待ちへの手変わりも残ります。

問題は、「他家にドラトイツ以上」であることをどの程度高い精度で読むことができるかということ。例えば赤無しルールで2翻以下で早い段階から仕掛けることが滅多にない打ち手が序盤から鳴きを入れ、河からホンイツでもトイトイでもないとなれば、ドラがトイツ以上である可能性は極めて高いと言えます。特定の対戦相手と打つ競技界であれば、そのような打ち手も珍しくないのかもしれません。

ただし、少なくとも河だけではそこまで読むことは不可能です。仕掛けたのがトップ目の子なのも安手の可能性を上げる要因で、降りてくれるようならなおさらリーチに分があるとなると、今回の条件ならドラ単騎でリーチを打つに越したことはないと判断します。

ただし、早い段階でを切っていることが気になります。残していればでツモアガリ。1枚目のは残せなくても2枚目は打待ちの平和を選ぶこともできました。下家がドラを固めているとみる以上ドラ切りダマ。それなら下家のアガリ牌をつかむ前にアガれていた公算が高いですね。他により良い選択肢が無ければドラ待ちもやむを得ませんが、ドラを使い切ることにこだわらないことも重要です。

Theme.18

二軒リーチへの押し引き判断。親を含む二人に両方無筋の牌を切って良形2翻なので微妙なライン。子に振ると一発がつき、ドラそばなので放銃打点が高くなりやすいことから今回は引いた方がよさそうです。一方に通っている牌であれば押し有利になるので、二軒リーチに押すかどうかは切る牌の放銃率の影響がかなり大きいことが分かります。判断が変わりやすいところなので分岐点がどの辺りにあるかを押さえておきたいですね。

 

夢をかなえる麻雀ノート

全部で87原則!これをおさえれば麻雀で強くなりたいあなたの夢もかなうかも!?

勝ちきれずにいたプロ雀士が、強くなるために、失敗や成功をすべてつづった麻雀ノート。
誰にも見せるつもりがなかったが、トッププロの濃密な教えを肉付けして大公開。
全ページフルカラーで見やすい!

著者の神尾亮がプロ同士で実戦対局。

1局終わるごとに手牌と裏ドラを開け写真撮影。

トッププロ朝倉康心の教えを肉付けしてノート完成!

リーチをするか、鳴くか、押すかオリるかなど、29のテーマで「失敗→検証→必勝三原則」の構造。
面白さと役立ち度満点です!ぜひこれを読んであなたの麻雀の夢をかなえてください。

購入はこちら

 

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top