麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
ネマタの天鳳日記 第82回

ネマタの天鳳日記 第82回

CABO求人ニルウッドカバー

1

 後手を踏んだ時は打点よりアガリ率重視と言いますが、後手という理由で高打点カンチャンより低打点リャンメンを優先するのは打点が半分程度になる場合の話。今回のように打点が大差となると流石に悪形テンパイに受けます。

image003_R

 テンパネで出アガリ6400、ツモなら三暗刻がついて8000ですが、これがアガって5200でもシャボ、3900だとしてもまだシャボが有利とみます。ただしこれは打点を上げる価値が十分にある局面であることが前提。特にアガリ率を重視すべき局面なら打。特に放銃を避けたい局面であれば打が候補になります。
 
 正着が結果からみても成功になる可能性が高い局面ほど、正着が打てることが重要になります。成功する可能性は、放銃回避>アガリ>高打点のアガリの順で高くなりますから、特に放銃を回避すべき局面、打点よりもアガリ率を重視すべき局面ほど、正着を打てることが重要になります。

 よって、今回は打としましたが、打や打を選ぶべき局面で打とするのは、この局面で打や打とする以上に結果に悪影響を与える可能性もあります。

 名前のうえでは「何切る」であっても、「何を切るか」ばかりに着目すると、局面の変化に対応すべきケースを見落としてしまいがちです。「何を切るか」ではなく、局面に応じた最適解が何かを押さえることを心がけましょう。

image005_R

 トイトイつながりでもう一つ。チートイツのみとのみの比較と考えると、鳴いた方がアガリやすいとはいえシャンテン変わらずの仕掛けは微妙なところですが、トイトイへの変化も十分あるなら鳴いていくところです。

image007_R

 を引いた場合の白後付け2000テンパイが、この時点での3900〜7700の1シャンテンと比べても有利と言えるかは微妙。それならを出やすくするためにを先に切る方がよいとみました。

image009_R

「安め拒否」という表現がされることも多いですが、高打点の受け入れを増やさない「安め拒否」は単に損なだけです。この手の混同を避けるため、当記事では、「よりよい手になる受け入れ優先」と表記しています。

 今回はの順で切りを出やすくすることで、実質的に「トイトイになる受け入れ」を増やしたということです。こういった意味での先切りであれば、昨今の麻雀観のうえでも有効です。逆にこのような仕掛けが入った場合。についても、「トイトイであれば当たり得る」ということも押さえておきましょう。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top