麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
第231回 ネマタの麻雀徒然草

第231回 ネマタの麻雀徒然草

CABO求人全自動麻雀卓スリム
ネマタの麻雀徒然草とは
  • 『ネマタの麻雀徒然草』は、麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者・ネマタさんによる「麻雀に関する話題を徒然なるままに書き連ねていく」コラムです。
  • 第1回はコチラ

第206回で、リャンメンカンチャンのような、「ターツ+フォロー牌」の話を取り上げました。一部の形だけ名前がついているとその形だけ過大評価されがちですが、性質の違う形それぞれに名前がつけるのも覚えづらくややこしい。そんな話を致しましたが、雀魂の愉快な仲間たちの中国在住の方から次のような画像をいただきました。

「ターツ+フォロー牌」の形それぞれに「一三二」のように名前がつけられています。この表ではリャンメンカンチャンはそのままですが、1枚持っていれば一、2枚持っていれば二、3枚持っていれば三、1枚も持っていないところは〇として並べて書けば、見たままなので覚えやすくてややこしくもない形で分類できます。言われてみれば当たり前の話なのですが、「リャンメンカンチャン」のような従来の呼び方にこだわっていたために気付けずにいました。

この表記法のもう一つの利点は、名称に出てくる数字を全て足すと、「ターツ+フォロー牌」の形は3、6、9…というように、全て3で割り切れる数になるのでどの組み合わせに属するのかをすぐに判別できるということです(ただし、のように、牌の組み合わせに雀頭が絡むものは、雀頭部分の「2」を引く必要がある。)。

この分類はターツ+フォロー牌以外の形でも使うことができ、3で割った余りが1なら「浮き牌」。余りが2なら「ターツまたはトイツ」であると分かります。数学の合同式を使うなら、

X≡0(mod3) ターツ+フォロー牌またはメンツ    X≡1(mod3) 浮き牌                 X≡2(mod3) ターツまたはトイツ

となります。数字の話ばかりで恐縮ですが、第194回でも申しましたように、単に数字を並べてありのままを表せた方が分かりやすいということを改めて実感させられたことでした。

この記事のライター

ネマタ
浄土真宗本願寺派の僧侶。麻雀戦術サイト「現代麻雀技術論」の著者。
同サイトは日本麻雀ブログ大賞2009で1位に。
1984年佐賀県生まれ。
東京大学文学部中退。

著書:「勝つための現代麻雀技術論」「もっと勝つための現代麻雀技術論 実戦編

新着記事

Return Top