麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ -雀王戦Aリーグ第9節 寸評-

斎藤俊の俺が麻雀見てやんよ -雀王戦Aリーグ第9節 寸評-

CABO求人麻雀BarWatch

 第12期雀竜位・斎藤俊プロ(日本プロ麻雀協会)によるプロ対局の寸評がスタートしました。今回は8月27日に行われた「雀王戦Aリーグ第9節」です。

雀王戦Aリーグ第9節

第9節 言わずもがな大事な大事な1節である。
スタート時点でポイントを持っていた金太賢も例外ではない。
決定戦の椅子は現雀王の木原を除くと3席。金が突き抜けてしまうと4人で2席を争うことになる。今日金を引きずり降ろせば5人で3席を争うことができるのだ。

 

金太賢

0025_R

第10回野口賞を受賞。最近だと9期から11期まで3期連続雀王決定戦に進出した。雀王こそ戴冠していないが、協会屈指のプレーヤーである。そんな金も今日は引きずり降ろされてしまう。

 

0026_R

東2局、金親番の七対子テンパイ。第一打からのを先に切ってのスジ待ち。絶好の待ちごろといったところ。

二巡後に持ってきたで手が開かれたのは土子。

0027_R

役々混一色ドラドラの12000となる。土子は元々仕掛けを多用するタイプである。このタイプの仕掛けは軽く見られてしまうこともあるが、本手の時にその分和了しやすいこともある。

 

手痛い放銃となった金。オーラスを迎える。

伊達:17400
橘 :23900
金 :16100
土子:41600

金は当然決定戦に向けラスは引けない。

0028_R

先ほども見たような七対子リーチ。七対子に決め打った時の牌の残しが絶妙である。程なくして伊達から出和了りし2着となる。

 

2回戦目オーラス

金 :-5300
伊達:53800
土子: 7400
角谷:44100

またしても金にとって非常に苦しい展開が続く。とにかく和了したい土子と伊達がいるため尚更か。
まずは2件テンパイで連荘を果たすと、続く1本場も足止め目的リーチを一発でツモり裏も乗せる。

29_R

続く2本場を聴牌で連荘し、3本場も全員聴牌で連荘。

4本場に

 ポン

1500は2700(+供託4000)を和了。

6本場まで粘るも角谷がトップになる和了で終局。

 

残り2回は2連続ラスを押し付けられてしまった。金はこの結果に満足することはないだろうが、土俵際の粘りは大事である。

いよいよ次節が最終節である。決定戦に残るのは誰か!?

雀王戦Aリーグ第9節
順位氏名第9節TOTAL
1 鈴木 たろう 146.3 564.9
2 金 太賢 ▲108.8 380.8
3 角谷 ヨウスケ 124.3 358.3 
4 小川 裕之 ▲24.5 342.7
5 仲林 圭 54.2 240.5
6 矢島 亨 ▲59.2 206.0
7 橘 哲也 1.2 83.7
8 鈴木 達也 10.3 78.5
9 阿賀 寿直 126.4 74.6
10 宮崎 和樹 3.0 ▲117.9
11 佐久間 弘行 0.6 ▲168.7
12 伊達 直樹 ▲96.8 ▲362.4
13 蔵 美里 ▲141.9 ▲363.4
14 鍛冶田 良一 ▲115.2 ▲658.8
15 土子 貴智 80.1 ▲669.8

この記事のライター

斎藤 俊
入会1年目から雀竜位C級予選から駆け上がり第12期雀竜位を獲得。
門前と鳴きを使い分け、バランス良い麻雀を打つ。

新着記事

Return Top