麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
「狂気」と「無邪気」が同居する感覚派:平賀聡彦が団体対抗戦代表に選出された理由

「狂気」と「無邪気」が同居する感覚派:平賀聡彦が団体対抗戦代表に選出された理由

CABO求人麻雀BarWatch

 最高位戦日本プロ麻雀協会のホームページにて、平賀聡彦プロのインタビューが掲載されています。

 平賀プロは、第一回麻雀プロ団体日本一決定戦では2位を大きく離しての個人成績首位。現在チームとして首位の最高位戦を引っ張っています。

 また、最高位戦Aリーグでも現在3位で、初の決定戦進出が目前です。

  これまでメディアにはほとんど登場しなかった男が大注目を集めているわけですが、高倉武士プロによるインタビュー記事がとても面白いので、許可をいただいて前半部分を転載させていただきました。

※この記事は最高位戦日本プロ麻雀協会の記事を転載したものに、麻雀ウォッチ編集部でタイトル・見出し等を追加して作成しています。

 

平賀聡彦選手インタビュー:「第一回麻雀プロ団体日本一決定戦」

「私には理解できないほどの天才」

こう評したのは他でもない村上淳

幾多のトッププロと対峙し、互角以上に渡り合い、数々の優勝を勝ち取ってきた村上でさえ、その才能を羨む。

最高位戦Aリーグ所属 平賀聡彦(ひらがとしひこ)

20090929193609_7
平賀 聡彦 (@makko_samurai)

1973年生(42歳) 山梨県出身
29期前期入会
入会後ストレートでAリーグ入りを果たした唯一の選手。
10期連続Aリーグ連続在籍期間は金子正輝に次ぐ。
第21期發王戦 3位
第22期發王戦 準優勝
第24期マスターズ 準優勝

5efd9bf6b6807fbe9287cfa3e3d35971-1
(C)AbemaTV
160814

「第一回麻雀プロ団体日本一決定戦」(主催:㈱サイバーエージェント)の開催が決まり、最高位戦も代表選手8名の選考を行うことになった。主催者指名の最高位近藤、理事会推薦の一馬、金子、村上、石橋、水巻。ここに加わる残り2名の選考方法は「選手間投票」※1。
※1:Aリーグ、B1リーグ所属選手を対象とし、A~B2リーグ所属選手の連名記入投票により行われた。

得票数1位は佐藤聖誠。次いで選出されたのが平賀聡彦である。

現發王位・今期Aリーグ好調の中嶋和正、第38期最高位の新井啓文、他にも土田浩翔、宇野公介、坂本大志園田賢らを抑え、圧倒的な得票率(36%)で選出された。

競技選手として脅威的なアベレージスコアを持つ平賀であるが、ビッグタイトルには縁遠い。それなのになぜここまで圧倒的な支持を受けたのか。実はその理由は対局者目線の一言で表すことができる。

「とてつもなく強いから」

第一回麻雀プロ団体日本一決定戦(以下、対抗戦)は第3節終了時で全32選手中、個人成績首位をキープ。第41期最高位戦Aリーグも現状3位(203.5p)で決定戦進出が目前である。

対抗戦では「最高位戦の秘密兵器」とチームメンバーが期したものの、存在感が強すぎて、各メディアに注目選手として披露されてしまい全く秘密にならなかった平賀聡彦。その強さと人並外れた”感覚”の正体に迫る。(聞き手/文責:高倉武士)

 

■「全て、信頼しあえる仲間たちがいるおかげ」

全4節の対抗戦は現在第3節が終了。この中で、平賀は個人成績1位(+267.9p 着順:5-5-2-0)である。ちなみに最高位戦チームのトータルスコアは294.1p。一見チームポイントのほどんどを平賀が一人で稼いだようにも受け取れるが、平賀は自身の結果について「信頼できるチームメイトがいるからこそだ」と強調する。

IMG_0643

「たまたま調子がいいってのもあるけど、自由に打たせてもらってるから。聖誠やばっしー(石橋)が他団体のスコアにも対応して、選択を変化させてくれているようだけど、そもそも俺はそういう麻雀は打てないし。対局間も他の卓は観ないようにして、次の自分の対局のために集中を切らさないように努めてるんだけど、チームメイトは受け入れてくれてるんだよ。自分のポイントが最高位戦のポイントになっているのは嬉しいけど、個人順位には意味がないと思ってるからさ。個人順位を競ってるなら周りも打ち方は変わってるだろうしね。」

実は最高位戦チームは今回の対抗戦に挑むにあたり、緻密な戦略を用意していない。それは普段から十分に研鑽を積んでいる仲間への高い信頼感もあるが、コミュニケーションを十分に取り、仲間の個性をそれぞれが理解し、受容していることの表れでもある。唯一の約束事は「自分が不調でも個人成績に左右されず、チームのためだけを思って、それぞれがベストパフォーマンスを発揮することに全力を注ぐ」というものであった。対抗戦開幕直前に開催された最高位戦チームの決起集会で金子正輝は「これだけのメンバーが揃った最高位戦は多分優勝する。ただ、団体戦であることを意識して負けてる時に無理せず、牌を押さえて、マイナスを抑えることも重要だぞ!」と発破をかけた。間髪入れず、平賀は「それ、僕は苦手です。5回ラスとっても10回トップ取るんで勘弁してください!」と応えた。金子は「・・・そうか。平賀はいつも通りでいいよ!」と。このやり取りを他のメンバーたちは微笑ましく見守っていたことが最高位戦チームの象徴であろう。

「サッカーに例えるなら、俺はフォワードをやらせてもらっている。”野人”岡野みたいな存在だと思う。チームから自由にやってきていいぞと認めてもらって、点を取るプレイだけに専念できている。チームの中にはゴールキーパーもディフェンダーもミッドフィルダーもいて。ただ、俺は点を取るときはたくさん取れるけど、取れないときは全然ダメなタイプのフォワード。そんな選手を選出してくれた最高位戦の戦術がハマっている感じだと思うよ。」

・・・

続きは、最高位戦日本プロ麻雀協会のホームページでご覧ください。

■第40期最高位決定戦で流した涙と訪れた「転機」

■最高位戦のプライドと誇りに賭けて

 

いよいよ「第一回麻雀プロ団体日本一決定戦」(主催:株式会社サイバーエージェント)は最終決戦!

9月25日(日)14:30~からAbemaTV麻雀チャンネルで生中継!

大会公式ページ

番組ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top