麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
関西を華やかに彩るギャル雀士・めいの素顔とは?2022年4月28日に「BarMiRACLE」をオープン!

関西を華やかに彩るギャル雀士・めいの素顔とは?2022年4月28日に「BarMiRACLE」をオープン!

BULL2021求人ニルウッドカバー

気さくな性格と豊かな表情で、周りを笑顔にする女流プロ、それがめいだ。奈良県出身で地元関西を中心に活動しているが、最近では東京にも活躍の場を広げている。勝気な美人という言葉がぴったりのめいだが、実は面倒見の良いお姉ちゃんという一面も併せ持つ。

女流プロ同士の交流も多く、常に人の輪の中にいるめいの素顔や雀風はどのようなものなのか?

本記事では、これから更なる活躍が期待されるめいの魅力を掘り下げていこう。

目次

めいプロの基本情報・プロフィールデータ

登録名

めい

生年月日

1996年12月16日

職業

雀荘勤務

出身地

奈良県

血液型

A型

趣味・特技

折り紙・ルービックキューブ・塗り絵

本人公式SNS

Twitter

所属団体

日本プロ麻雀協会

プロ入会年

2018年

主なタイトル

その華やかな容姿から、昔はヤンチャだったのかと聞かれることもあるらしいめいだが、本人曰く“陰キャ”だったとのこと。特技もインドア趣向であることから「陰キャ3大特技」と自身でネタにしているが、そのユーモアセンスもめいの魅力のひとつといえるだろう。ギャルらしい大胆な外見に反して、繊細な感性を持つという意外なギャップも好印象だ。

経歴

2018年:日本プロ麻雀協会入会
2019年:2018年度後期優秀者決定戦出場
2020年:夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2021出場
2021年:夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2022出場

麻雀との出会い・きっかけ

友人に麻雀ができるかを尋ねられた際に、実際は知らなかったが「できるに決まってるやん」と見栄を張り、ネットでルールを調べ出したのが麻雀を知ることになったきっかけだというめい。友人や家族の影響で打ち始めたプロが多い中、個性的な麻雀との出会いといえるだろう。その後は麻雀ゲームから始めためいだったが、雀荘で働くようになり、対局を重ねて腕を磨く。

雀荘で女流プロと交流する機会が増えたことをきっかけにプロを目指し、2018年には日本プロ麻雀協会に入会。様々な人との出会いをもたらしてくれる麻雀が大好きで、プロとしての仕事にも誇りをもって取り組んでいるようだ。熱い想いで麻雀に向き合うめいは、これからも麻雀業界を盛り上げていってくれることだろう。

日本プロ麻雀協会代表・五十嵐毅 「団体のカラーは、周りが判断してくれるもの」

めいプロの打ち方や雀風

出典元:https://www.youtube.com/watch?v=zLPN_hnVJ-o

門前守備型を自称するめい。守りを固めたくて弱気になってしまうこともあると語るが、勝負所では腹をくくって力強く押していくのもめいの魅力だ。繊細かつ丁寧に打つことを大切だと考える中でも、大一番では果敢に挑戦できる度胸は勝負師として理想的ともいえるだろう。また、関西で活動しているめいは、いま流行っているサンマもお手のもの。勤務している雀荘で対局を重ね、雀力を磨いている。進化を続けるめいから、これからも目が離せない。

サンマが流行っているそのワケは? | 三人麻雀の面白さ、魅力に迫る

めいの対局時の様子

2018年度後期優秀者決定戦~睦月の陣~ 2019/1/18

めいが日本プロ麻雀協会に入会した翌年に開催された、2018年度後期優秀者決定戦の予選での対局を紹介しよう。南二局1本場、北家のめいは配牌で[北]が対子で入るが一巡目から残りの二枚が切られてしまうという幸先の悪いスタート。めいはこれを鳴かずに潔く対子を落とし、その後は順調に有効牌を引き入れていく。ライバルらが鳴いて動きを見せる中、めいはドラ[⑥]を雀頭にしての強気のリーチに踏み切る。これを一発でツモり、見事な満貫アガリを決めた。予選は3回戦まで行われ、めいは見事1位で決勝へと駒を進めた。

2018年度後期優秀者決定戦~睦月の陣~ 2019/2/1

2018年度後期優秀者決定戦、決勝戦でめいが活躍を見せた対局がこちら。2メンツある好配牌ではあったが、その後なかなかツモがかみ合わず順調とは言い難い滑り出し。しかし、南1局ドラの[⑧]を二枚引き入れて聴牌しためいプロは思い切りよく先制リーチ。その後、暗刻だった[8]を暗槓してドラを増やした直後、トップからの直撃に成功。追い打ちの裏ドラも乗せて倍満アガリ、単独トップに躍り出るという鮮やかな逆転劇を見せた。

夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2022 2021/12/8

出典元:https://fujiqueen.com/

夕刊フジ杯2022にて、西日本リーグに出場しているめいが見事な満貫のアガリを決めた対局がこちら。東二局、配牌でドラの[白]は対子であるもののメンツはなく、ライバルからの先制は必至の悩ましい状況。しかし、めいは的確な判断でターツを選択し、まずはカンチャンを一つ埋めると[白]のポンにも成功。さらに二つ目のカンチャンもピタリと埋めてしまう。途中、ライバルがリーチをかけてきたが冷静な押し引きで放銃を回避し、単騎待ちだった聴牌を両面に組み替える。その直後、ライバルからアタリ牌を勝ち取ることに成功してトップ目に躍り出る大きなアガリを決めた。

SNSでの評価・評判

京都に拠点を置き、神戸や大阪などの雀荘にもゲスト来店しているめい。Twitterには明るいめいとの同卓を楽しむファンの声が多い。

気さくなめいと囲む卓は和気あいあいとして、楽しい時間を過ごせることだろう。

めいを「可愛い」「美人」と称賛する声も多い。「めいてょ」はファンにはお馴染みのめいの愛称で、Twitterのアカウント名にも使われている。

誕生日にはお祝いを持ってめいに会いに来るファンも。容姿端麗だが決して気取らず話しやすい性格から女性人気も高いようだ。

めいのおすすめの動画

2018年度後期優秀者決定戦

先ほども紹介した、2018年度後期優秀者決定戦の予選1回戦での対局が見られる動画をご紹介しよう。冒頭10:00からのインタビューでは、配信対局が初めてということもあり非常に緊張しためいプロの様子が見られる。1:05:00から始まる親番のオーラスではラスだっためいプロが跳満アガリで粘りの対局を繰り広げる。まだプロになって半年ほどの初々しい姿に注目だ。

夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2022

先ほど紹介した夕刊フジ杯争奪麻雀女流リーグ2022での対局を見ることができる動画がこちら。めいプロの冴えわたった判断で華麗な満貫アガリを決めた東二局は1:46:50頃から見ることができる。2021年、プロ4年目になって放送にもすっかり慣れてきている点も見どころだ。

めいのニュース・こぼれ話

実は頼もしい五人姉弟のお姉ちゃん

現在は奈良の実家を出て京都を拠点に活動しているめいだが、実家に帰った際には妹や弟達との仲睦まじいショットをTwitterでアップしている。5人姉弟の長女であるめいには妹が2人と弟が2人いるのだが、親子ほど歳が離れている末っ子の弟が可愛くて仕方がないようだ。めいのご家族の写真や動画はファンからも大好評だ。

強すぎる大島麻美

様々な女流プロと親しくしているめいは、同じく関西で活躍している大島麻美を慕っている。大島についてツイートする際には「大好きな大島さん」と表現していることがほとんどで、その一途な愛が微笑ましい。大島プロの誕生日イベントに参加したり、美容師に大島の写真を見せて髪をカットしてもらったりと、大島ファンの第一人者といっても過言ではないかもしれない。

地元関西とファンを大事に-大島麻美の変わらない思い

ネイルも個性豊か

おしゃれなめいはネイルでもファンを楽しませてくれている。ネイルを新しくするとTwitterで写真と共にツイートすることが多く、色鮮やかなネイルやキャラクターのかわいいネイルはファンにも好評だ。ちなみに以前、濃いめブルーの単色ネイルをしていた際に麻雀牌の色とそっくりで、手を握っていただけで牌を持っていると勘違いされたというエピソードも。

2022年4月29日に「BAR MiRACLE」オープンを発表!

なんと2022年4月29日に「BAR MiRACLE」をオープンすることを発表した。店名についているMiRACLE、先ほど話に挙がった尊敬する先輩大島麻美の愛称「あさみらくる」からとったものかもしれない。

店の住所は下記。河原町pottiさんから徒歩4分、牌テンション四条本店さんから徒歩10分、マーチャオA四条烏丸店さんから徒歩14分と麻雀打ちにとっても行きやすい環境だ。

〒600-8018 京都府京都市 下京区市之町240 河原町アペックスビル2F

オープンされた暁には是非訪れたい場所と言えるだろう。

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top