麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
朝倉ゆかりが初優勝 先週のオータムCSに続きタイトル連取!/第12期RMUクラウン決勝

朝倉ゆかりが初優勝 先週のオータムCSに続きタイトル連取!/第12期RMUクラウン決勝

麻雀の頂全自動麻雀卓スリム

<第12期RMUクラウン決勝>

 RMU(リアル・マージャン・ユニット)の「第12期RMUクラウン決勝」9月24日、東京の麻雀スタジオで行われた。

RMUクラウンはRMUの年1回開催の会員・一般問わず参加が可能なオープンタイトルであり、去年は13代目天鳳位のgousiこと斎藤豪プロ(日本プロ麻雀連盟)が優勝している。

今回の決勝進出メンバーは4代目天鳳位 石川遼(日本プロ麻雀連盟)、朝倉ゆかり(日本プロ麻雀協会)、西岡慎泰(日本プロ麻雀連盟)、松ヶ瀬隆弥(RMU)というメンバーとなった。対局はRMU公式Aルール4回戦+新決勝方式で行われた、

ハイレベルなプレーの応酬で盛り上がりを見せたが、1回戦、2回戦と連勝した朝倉がその後もリードを維持。全員をマイナスに沈めて新決勝方式に突入し、新決勝でも1局目で2600オールのあがりをものにして優勝を決めた。

優勝した朝倉は「怖かったです、昨日(準決勝)でもこのメンバーは特に強くて。最後まで難しい局面が続いて苦しかったです。この先は雀王戦Aリーグまで昇級して、雀王まで目指したいと思います」と今後への抱負を語った。

第12期RMUクラウン決勝
順位 選手名 1回戦 2回戦 3回戦 4回戦 新決勝 トータル
1 朝倉ゆかり 22.0 20.7 ▲10.1 14.9 7.8 55.3
2 石川遼 11.6 ▲9.6 10.5 ▲17.2 ▲2.6 ▲7.3
3 松ヶ瀬隆弥 ▲29.9 9.0 ▲28.4 37.8 ▲2.6 ▲14.1
4 西岡慎泰 ▲4.7 ▲20.1 28.0 ▲36.5 ▲2.6 ▲35.9

 

【RMUクラウン概要】
年1回開催の会員・一般問わず参加が可能なオープンタイトル戦。
本戦にはRMUのライセンスプロをはじめ、他プロ団体の有力プロがシードされる。

【歴代優勝者】
第1期 山谷 克也
第2期 渡辺 卓也
第3期 古久根 英孝
第4期 平山 友厚
第5期 多井 隆晴
第6期 川上 貴史
第7期 岡澤 和洋
第8期 河野 高志
第9期 河野 高志(2)
第10期 伊澤 興
第11期 斎藤 豪
第12期 朝倉 ゆかり

配信URL

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top