麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
協会の柚花ゆうりが2度の役満を決め圧巻の優勝!/私設リーグ・Sリーグ 決勝

協会の柚花ゆうりが2度の役満を決め圧巻の優勝!/私設リーグ・Sリーグ 決勝

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 有志の有名プロも多数参加している私設リーグ・Sリーグの第6期決勝が3月28日に麻雀スリアロチャンネルで放送され、日本プロ麻雀協会の柚花ゆうりが1回戦で四暗刻、4回戦で国士無双をアガり大差で優勝を決めた。

予選全8節の成績はこちら。

強豪ぞろいのメンバーの中、最高位戦B1の浅井裕介が32ゲームで507.1ポイントを稼ぎ出し1位通過。以下協会の柚花ゆうり、RMUの多井隆晴、松ヶ瀬隆弥が決勝進出となった。

決勝は最高位戦ルール5回戦、予選の1位通過には+30P、2位通過に+20P、3位通過に+10Pのアドバンテージが与えられる。

1回戦の序盤は多井がリードしたが、東3局の多井の親番で、柚花が四暗刻のアガリを決めて一気に大きくリード。

1回戦東3局の四暗刻

1回戦で大きなトップを確保した柚花は2回戦、3回戦でも2着をキープ。盤石の態勢で4回戦を迎えた。4回戦はトータルスコアが4位の浅井がトップ目でオーラスを迎えたが、なんと柚花が浅井から国士無双の直撃。

四回戦南4局の国士無双

この4回戦終了時点でトータルを186.7ポイントに。2位の松ヶ瀬は15.2ポイントでこの時点でほぼ優勝を確定させた。

最終戦はほぼ流す形となり4着となったが2回の役満以外の内容も強豪相手に堂々たる内容での完勝だった。

優勝した柚花は「いい牌がたくさん来てくれました。嬉しいのと充実感で一杯です。今年初めての役満でしたが、まさか2度もあがれるとはびっくりしました。」と喜びを語った。

決勝成績

配信

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top