麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
黒沢とたろうがトップ!ドリブンズが10月8日以来の首位に!!【Mリーグ 11/27結果】

黒沢とたろうがトップ!ドリブンズが10月8日以来の首位に!!【Mリーグ 11/27結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

 麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は11月27日に、 EX風林火山 対 赤坂ドリブンズ 対 チーム雷電 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 の対戦が行われた。

 第1試合は、風林火山から亜樹、ドリブンズからたろう、雷電から黒沢、麻雀格闘倶楽部から高宮が出場。

東2局、東3局で黒沢が連続で満貫をアガリ大きくリードして南場に突入。東3のアガリは親リーチのたろうとのめくりあいだっただけに大きな一局となった。

東3局 黒沢の8000のアガリ ©AbemaTV

その後も堅実にアガり続け、5万点を超える大きなトップで3勝目となった。

3勝目を挙げた黒沢は「トップが取り切れずにコツコツポイントを重ねてはいたのですが、そろそろトップがほしいなと思っていたところなので嬉しいです。チームメイトが心強いので、恩返しができたなと思います。自分の持ち味は強気で前に出るところなので、今回はそれがしっかり実ったなと思います。苦しいときも多いんですけれども、ここからも3人で強く戦っていきたいので、応援よろしくお願いいたします!」と語った。

インタビューを受ける黒沢 「雷電の麻雀はおも・・・・い?」 ©AbemaTV

1位 黒沢(ABEMAS) +71.9
2位 亜樹(風林火山) +1.3
3位 高宮(麻雀格闘俱楽部) ▲20.0
4位 たろう(ドリブンズ) ▲53.2

 第2試合は、風林火山から勝又、ドリブンズからたろう、雷電から萩原、麻雀格闘倶楽部から高宮が出場。たろうと高宮は連闘となる。

第二試合は大きなアガリが横行する展開。東1に高宮が3000・6000のアガリを決めるも東2局に親の萩原が2巡目リーチで4000オールのアガリ。その後たろうが勝又から満貫を直撃し、勝又は大きく置いて行かれる展開となった。

萩原がトップ目で南入となったが、南1局に平和ドラ1のリーチを打った萩原からラス目親の勝又が仕掛けて12000のアガリを決める。その後の1本場にはたろうが3000・6000のあがりで一気にトップ目に浮上した。

南1局1本場 たろうの3000・6000のアガリ ©AbemaTV

南3局の親番でもホンイツ・七対子のアガリを決めてトップを盤石として逃げ切った。

6勝目を挙げたろうは「どうも連闘したときはラス・トップになるのが多いですね。たろうの麻雀はトップラス麻雀と思われがちですが、自分ではそういうつもりはないです。ただ、ラス目の時はハイリスクハイリターンな選択をすることも多いのでそうなることもありますね。オリるよりはマシ、でリーチしていたりすることもあります。大事なのは、ラスの感情を引きずらない事ですね。南1の1本場のアガリは誰でも同じ手順になりそうですがこれでだいぶ楽になりましたね。11月はたくさん出させてもらって、チームにも貢献できて良かったです。このまま上位をキープしてプレーオフに進出したいです!」と語った。

インタビューを受けるドリブンズ・たろう ©AbemaTV

1位 たろう(ドリブンズ)+67.5
2位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+8.8
3位 萩原(雷電)▲27.1
4位 勝又(風林火山) ▲49.2

次回11月29日(火)はEX風林火山、渋谷ABEMAS、セガサミーフェニックス、UNEXTパイレーツが対戦。

実況は小林未沙、解説はチーム雷電の瀬戸熊直樹が務める。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 ドリブンズ 171.9 40/80
2 風林火山 139.0 38/80
3 ABEMAS 52.2 38/80
4 フェニックス 26.9 36/80
5 雷電 ▲25.9 38/80
6 Pirates ▲70.7 40/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲301.0 42/80

ドリブンズが首位浮上、雷電も5位に浮上する。

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 園田(ドリブンズ) 151.0 11
2 瀬戸熊(雷電) 142.5 13
3 亜樹(風林火山) 129.8 14
4 多井(ABEMAS) 120.6 11
5 茅森(フェニックス) 113.3 13
6 黒沢(雷電) 95.0 11
7 松本(ABEMAS) 60.7 11
8 朝倉(Pirates) 42.5 12
9 近藤(フェニックス) 30.6 10
10 滝沢(風林火山) 22.7 12
11 たろう(ドリブンズ) 22.2 17
12 村上(ドリブンズ) ▲1.3 12
13 勝又(風林火山) ▲13.5 12
14 小林(Pirates) ▲48.1 16
15 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲54.3 13
16 石橋(Pirates) ▲57.5 11
17 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲88.7 18
18 魚谷(フェニックス) ▲117.0 13
19 白鳥(ABEMAS) ▲129.1 16
20 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲158.0 11
21 萩原(雷電) ▲263.4 14

黒沢が6位に浮上!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top