麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
松本と滝沢がトップ!風林火山が再び首位に!!【Mリーグ 11/29結果】

松本と滝沢がトップ!風林火山が再び首位に!!【Mリーグ 11/29結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリムプラススコア

 麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は11月29日に、 EX風林火山 対 渋谷ABEMAS 対 セガサミーフェニックス 対 UNEXTパイレーツ の対戦が行われた。

 第1試合は、風林火山から滝沢、ABEMASから松本、フェニックスから茅森、パイレーツから石橋が出場。

東1局に2000・4000をツモった松本がその後迎えた東2局の親番で6000オール、4000オールと大きなアガリを続け一気に差をつけ有利な展開に。

東2局 松本の6000オールのアガリ ©AbemaTV

オーラスは、3700点持ちと苦しい状況で迎えた石橋が親番で連荘。5800と4000オールをあがり2着目に浮上。その後も親で満貫の聴牌を入れ、流局するも、トップ目まではまだ遠く、3着目は満貫以内の差だったため、ノーテンとして2着確保を選択。Piratesらしいクレバーな選択が垣間見えた。

4勝目を挙げた松本は「久しぶりの出場で、早く打ちたい!と思っていたのでとても楽しく打てました。結果も付いてきてくれて本当に嬉しいです。3人が平たい状況で抜け出すことができたので、トップは守りやすい状況で比較的安心して打つことができました。ABEMASとして、ややプラスした状態で前半を終えられそうなので、少しホッとしています。次の試合で1位になって、後半戦を迎えたいです。」と語った。

インタビューを受けるABEMAS・松本 ©AbemaTV

1位 松本(ABEMAS) +74.0
2位 石橋(Pirates) +3.0
3位 滝沢(風林火山) ▲22.6
4位 茅森(フェニックス) ▲54.4

 第2試合は、風林火山から滝沢、ABEMASから松本、フェニックスから魚谷、パイレーツから石橋が出場。フェニックス以外は連闘となった。

序盤は小場で進んだが、東3局で親の滝沢が松本から12000のアガリを決めて一歩リード。東4局1本場でも2000・4000のアガリでややリードして南入。

東4局1本場 滝沢の2000・4000のアガリ ©AbemaTV

南2局で石橋がダマの8000を魚谷からアガり、オーラスの親番でも粘り強く連荘。南4局2本場で滝沢から5800のアガリを決め、南4局の一人聴牌で遂に逆転。

最後の南4局4本場は見ごたえあるめくりあいとなった。リーチ・タンヤオ・平和の石橋のリーチに対して仕掛けて跳満聴牌の滝沢が全面勝負。最後に引き勝ったのは滝沢。3000・6000のアガリでトップをもぎ取った。

南4局4本場 滝沢の3000・6000のアガリ ©AbemaTV

4勝目を挙げ滝沢は「チームメンバーは思い切って打って来いと送り出してくれたので、しっかりトップ目指して打つことができました。オーラスのめくりあいはもう心を決めて、勝負することができました。(未だに唯一裏ドラがない件について)それほど気にはしてないのですが、そろそろ考えなくてはな、と思っていた李はします(笑)3人共調子が上がってきているので、僕の裏ドラを楽しみにしながら今後も応援頂ければ嬉しいです。」と語った。

インタビューを受ける風林火山・滝沢 ©AbemaTV

1位 滝沢(風林火山)+69.5
2位 石橋(Pirates)+10.6
3位 魚谷(フェニックス)▲28.4
4位 松本(ABEMAS) ▲51.7

次回11月30日(金)はEX風林火山、赤坂ドリブンズ、チーム雷電、KONAMI麻雀格闘倶楽部が対戦。

実況は松嶋桃、解説は渋谷ABEMASの松本吉弘が務める。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 185.9 40/80
2 ドリブンズ 171.9 40/80
3 ABEMAS 74.5 40/80
4 雷電 ▲25.9 36/80
5 Pirates ▲49.5 42/80
6 フェニックス ▲55.9 38/80
7 麻雀格闘倶楽部 ▲301.0 42/80

風林火山が首位浮上。雷電が4位に。

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 園田(ドリブンズ) 151.0 11
2 瀬戸熊(雷電) 142.5 13
3 亜樹(風林火山) 129.8 14
4 多井(ABEMAS) 120.6 11
5 黒沢(雷電) 95.0 11
6 松本(ABEMAS) 60.7 11
7 滝沢(風林火山) 69.6 14
8 茅森(フェニックス) 58.9 14
9 朝倉(Pirates) 42.5 12
10 近藤(フェニックス) 30.6 10
11 たろう(ドリブンズ) 22.2 17
12 村上(ドリブンズ) ▲1.3 12
13 勝又(風林火山) ▲13.5 12
14 石橋(Pirates) ▲43.9 14
15 小林(Pirates) ▲48.1 16
16 前原(麻雀格闘倶楽部) ▲54.3 13
17 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲88.7 18
18 白鳥(ABEMAS) ▲129.1 16
19 魚谷(フェニックス) ▲145.4 14
20 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲158.0 11
21 萩原(雷電) ▲263.4 14

滝沢が6位に浮上!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top