麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
村上、滝沢と上位チームの2人が快勝!ABEMASが大苦戦で6位転落【Mリーグ 1/10結果】

村上、滝沢と上位チームの2人が快勝!ABEMASが大苦戦で6位転落【Mリーグ 1/10結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は1月10日に、EX風林火山 対 赤坂ドリブンズ 対 渋谷ABEMAS 対 UNEXTパイレーツ の対戦が行われた。

第1試合は風林火山から亜樹、ドリブンズから村上、ABEMASから多井、Piratesから朝倉が出場した。

東1局に朝倉と村上のどちらも山に1枚のの引き合いを村上が制し、なんと裏3で8000オールの大きな一撃で先制。

東1局の村上の8000オール   ©AbemaTV

東4局に朝倉が親番で4000オールをアガリ村上に迫るもその次局、亜樹が朝倉から8000をアガり朝倉との2着争いとなる。

東4局2本場 亜樹の8000のあがり   ©AbemaTV

オーラスはラス目に沈んでいた多井と3着目の亜樹の2軒リーチとなったが、亜樹のアガリとなり村上はトップ逃げ切りとなった。

勝利者インタビューにて村上は「本日の対局では鼻水と咳が酷くお聞き苦しかったと思います、すみませんでした。チームの今年初戦でしっかりトップが取れて本当に嬉しいです。年末年始も麻雀のことだけを考えて、しっかり準備してきました。東1は、放銃を恐れないで攻めようと思っていたので、8000オールに結びついてくれて良かったです。」と語った。

久々のトップとなった村上、個人成績も▲87.1まで戻した ©AbemaTV

1位 村上(ドリブンズ) +68.5
2位 朝倉(Pirates) +11.7
3位 亜樹(風林火山) ▲16.2
4位 多井(ABEMAS) ▲64.0

第2試合は、風林火山から滝沢、ドリブンズからたろう、ABEMASから白鳥、Piratesから小林が出場した。

序盤は静かな進行だったが、東4局に親番の滝沢が七対子ドラ2の4巡目リーチをツモり6000オール、一気にリードする。

東4局の滝沢の6000オール  ©AbemaTV

その後も快調にあがりを重ね2本場では裏2の4000オールを決め独走状態に。

東4局2本場滝沢の4000オール  ©AbemaTV

滝沢の独走状態となったが2着争いはたろうのリーチをかわして満貫をツモった小林。オーラスはラス目のたろうが白鳥のリーチをかわしてフリテンのあがりで3着に浮上した。

南2局の小林の2000・4000 ©AbemaTV

インタビューで滝沢は「もう少しでこの前の寿人選手の記録(+101.7)に届きそうだなとは思っていましたが、最終局は無茶はしないようにと思っていました。割に合わない押しをするつもりはなかったです。手は来ていたので、まだ攻めていたのですが。ついてる時に勝てるのは当たり前なので、今日みたいについている時でなく、ついていないときにしっかりマイナスを抑えられるよう心掛けて打っています。実は今日のトップより、一昨日の2着の方が嬉しかったです。ウチの嫁がドリブンズ推しになってしまったので、ドリブンズに負けないように頑張っていきたいと思います。」と語った。

個人順位2位となった滝沢 ©AbemaTV

1位 滝沢(風林火山)+95.2
2位 小林(Pirates)▲5.2
3位 たろう(ドリブンズ)▲33.0
4位 白鳥(ABEMAS)▲57.0

次回1月11日(金)は、赤坂ドリブンズ、KONAMI麻雀格闘倶楽部、渋谷ABEMAS、セガサミーフェニックスが対戦。

実況は小林未沙、解説はチーム雷電の瀬戸熊直樹が務める。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 408.7 60/80
2 ドリブンズ 352.3 58/80
3 麻雀格闘倶楽部 ▲26.1 58/80
4 雷電 ▲44.1 60/80
5 Pirates ▲172.9 58/80
6 ABEMAS ▲204.5 58/80
7 フェニックス ▲313.4 56/80

ABEMASが6位陥落!

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 園田(ドリブンズ) 344.1 18
2 滝沢(風林火山) 193.9 22
3 勝又(風林火山) 182.9 20
4 黒沢(雷電) 160.9 18
5 寿人(麻雀格闘倶楽部) 148.4 26
6 たろう(ドリブンズ) 95.3 23
7 朝倉(Pirates) 52.2 19
8 亜樹(風林火山) 31.9 18
9 前原(麻雀格闘倶楽部) 26.5 19
10 松本(ABEMAS) ▲12.5 20
11 多井(ABEMAS) ▲30.5 16
12 近藤(フェニックス) ▲48.4 15
13 茅森(フェニックス) ▲80.9 21
14 萩原(雷電) ▲87.0 21
15 村上(ドリブンズ) ▲87.1 17
16 石橋(Pirates) ▲112.4 19
17 小林(Pirates) ▲112.7 20
18 瀬戸熊(雷電) ▲118.0 21
19 白鳥(ABEMAS) ▲161.5 22
20 魚谷(フェニックス) ▲184.1 20
21 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲201.0 13

滝沢が2位浮上!!

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top