麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
昨日は地獄、今日は天国!ABEMASが松本、多井の連勝で4位浮上!!【Mリーグ 1/11結果】

昨日は地獄、今日は天国!ABEMASが松本、多井の連勝で4位浮上!!【Mリーグ 1/11結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は1月11日に、赤坂ドリブンズ 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 渋谷ABEMAS 対 セガサミーフェニックス の対戦が行われた。

第1試合はドリブンズからたろう、麻雀格闘俱楽部から寿人、ABEMASから松本、フェニックスから魚谷が出場した。

序盤は細かい打点のやり取りがでの接戦。東4局1本場では3人が同じ待ちで聴牌を入れるなど痺れる展開が続いた。

東4局1本場の3人テンパイ   ©AbemaTV

しかし南1局にたろうとの2軒リーチを制して親の松本が12000のアガリで一歩リード。

南1局の松本の12000 ©AbemaTV

南3局4本場には魚谷が2000・4000をツモりオーラスの親番で逆転を懸けるも、松本があがりを決めてトップを勝ち取った。

南3局4本場の魚谷の2000・4000   ©AbemaTV

勝利者インタビューにて松本は「PVではまだABEMASはトップが1回しかなくて、僕が国士を打ってしまったりしたのもあったので、ファンの皆様に本当に申し訳ないと思っていました。ですので、この勝利は本当に嬉しいです。今はチーム3人とも、400勝っていたことは忘れて今すべきことだけを考えて打っています。浮上のきっかけをつかみたかったところなので、今好調の寿人さん相手にトップ取れたのはとても良かったです。」と語った。

昨日の連敗の悪夢を払拭した松本、個人でも6位に ©AbemaTV

1位 松本(ABEMAS) +70.7
2位 魚谷(フェニックス) +8.1
3位 寿人(麻雀格闘倶楽部) ▲20.4
4位 たろう(ドリブンズ) ▲58.4

第2試合はドリブンズから園田、麻雀格闘俱楽部から寿人、ABEMASから多井、フェニックスから茅森が出場した。寿人のみ連戦出場となった。

東1局にドラポンをした茅森が園田のアガリ牌を止め、寿人のリーチを受けた後にドラを加カンして寿人から12000の会心のアガリでスタート。

東1局の茅森の12000 ©AbemaTV

しかしその後多井が5200、2000・4000のアガリを決めてトップに浮上する。

東4局の多井の2000・4000  ©AbemaTV

多井がリードしたままオーラスとなり、5200直撃、2000・4000ツモ条件の茅森に逆転の聴牌が入る、しかし次巡に三色が消えるリャンメンへの振りかわりの手替わりを引き、長考の末両面リーチとする。裏1条件となり、ツモあがりを決めたが裏は乗らず多井のトップ逃げ切りとなった。

南4局2本場の茅森のアガリ、惜しくもトップ逆転はならず ©AbemaTV

インタビューで多井は「ここしばらくズルズルと負けていて、世界中の人に申し訳ないなと思っていました。今日はシンプルに、まっすぐ攻めていくことができたと思います。ラスを恐れずに、なんとしてでもトップを取りに行きました。7万点以上のトップを取って3位まで行くって言っちゃったのですが、そこまではできませんでしたね。」と語った。

10月30日以来の久々の5勝目となった多井 ©AbemaTV
9歳の少女からのお守りを力に変え戦った ©AbemaTV

1位 多井(ABEMAS)+62.0
2位 茅森(フェニックス)+20.2
3位 園田(ドリブンズ)▲22.8
4位 寿人(麻雀格闘俱楽部)▲59.4

次回1月14日(月・祝)は、赤坂ドリブンズ、KONAMI麻雀格闘倶楽部、UNEXTパイレーツ、セガサミーフェニックスが対戦。

実況は松嶋桃、解説はチーム雷電の瀬戸熊直樹が務める。

チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 408.7 60/80
2 ドリブンズ 271.1 60/80
3 雷電 ▲44.1 60/80
4 ABEMAS ▲71.8 60/80
5 麻雀格闘倶楽部 ▲105.9 60/80
6 Pirates ▲172.9 58/80
7 フェニックス ▲285.1 58/80

ABEMASが4位浮上!

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 園田(ドリブンズ) 321.3 19
2 滝沢(風林火山) 193.9 22
3 勝又(風林火山) 182.9 20
4 黒沢(雷電) 160.9 18
5 寿人(麻雀格闘倶楽部) 68.6 28
6 松本(ABEMAS) 58.2 21
7 朝倉(Pirates) 52.2 19
8 たろう(ドリブンズ) 36.9 24
9 亜樹(風林火山) 31.9 18
10 多井(ABEMAS) 31.5 17
11 前原(麻雀格闘倶楽部) 26.5 19
12 近藤(フェニックス) ▲48.4 15
13 茅森(フェニックス) ▲60.7 22
14 萩原(雷電) ▲87.0 21
15 村上(ドリブンズ) ▲87.1 17
16 石橋(Pirates) ▲112.4 19
17 小林(Pirates) ▲112.7 20
18 瀬戸熊(雷電) ▲118.0 21
19 白鳥(ABEMAS) ▲161.5 22
20 魚谷(フェニックス) ▲176.0 21
21 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲201.0 13

松本が6位浮上!!

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top