麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
熾烈なオーラスの争いをABEMAS・松本が制して連勝!【Mリーグ 1/17 第1試合結果】

熾烈なオーラスの争いをABEMAS・松本が制して連勝!【Mリーグ 1/17 第1試合結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は1月17日に、EX風林火山 対 チーム雷電 対 渋谷ABEMAS 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 の対戦が行われた。

1/17 試合開始前のチームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 405.6 62/80
2 ドリブンズ 249.5 64/80
3 雷電 ▲44.1 60/80
4 ABEMAS ▲71.8 60/80
5 麻雀格闘倶楽部 ▲93.0 62/80
6 Pirates ▲164.7 62/80
7 フェニックス ▲281.5 62/80

第一試合は風林火山から滝沢、雷電から萩原、ABEMASから松本、麻雀格闘俱楽部から高宮が出場した。

東1局に滝沢が高め三色のリーチ。安めながらもツモって裏を乗せ2000・4000のツモあがりで開局。

東1局 滝沢の2000・4000 ©AbemaTV

東2局は高宮が親で満貫聴牌をしていたが、松本のドラ4のリーチを受け一発で松本アガリ牌を掴み12000。松本と滝沢が序盤から争う展開となった。

東2局の松本の12000  ©AbemaTV

南1局2本場には松本と萩原の2軒リーチ。これを萩原が制して上位3人はみつどもえの接戦に。

南1局2本場 萩原の3900 ©AbemaTV

その後は萩原が一歩リードしたが、南3局1本場に松本が滝沢から8000をあがり萩原まで1000点差となってオーラスに突入。

オーラスは萩原と松本が二人とも聴牌を入れたが、萩原が松本のアガリ牌を掴み決着。

南4局松本の3900(仕掛けは南) ©AbemaTV

松本は7勝目。チームは3位に浮上、個人スコアでも5位に浮上した。「相手に3位の雷電、5位の麻雀格闘俱楽部がいて、終盤戦の山場だととらえていたのでこのトップは本当に嬉しい。トータルスコアはプラスマイナスゼロを目標にするとその上までいけないので、上位2チームまで見て、今後も戦っていこうと思います。」と語った。

7勝目と果たした松本 ©AbemaTV

1位:松本(ABEMAS)+60.7
2位:萩原(雷電)+13.9
3位:滝沢(風林火山)▲19.7
4位:高宮(麻雀格闘俱楽部)▲54.9

1/17 第一試合後のランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 385.9 63/80
2 ドリブンズ 249.5 64/80
3 ABEMAS ▲11.1 61/80
4 雷電 ▲30.2 61/80
5 麻雀格闘倶楽部 ▲147.9 63/80
6 Pirates ▲164.7 62/80
7 フェニックス ▲281.5 62/80

関連URL

第2試合、1/17終了時点の個人スコア、チームスコアはこちら

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top