麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
Pirates・小林が久々の3勝目で4位に大きく近づく たろうは9勝目でチーム首位に近づく!【Mリーグ 1/21 結果速報】

Pirates・小林が久々の3勝目で4位に大きく近づく たろうは9勝目でチーム首位に近づく!【Mリーグ 1/21 結果速報】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は1月21日に、EX風林火山 対 赤坂ドリブンズ 対 チーム雷電 対 UNEXTパイレーツ の対戦が行われた。

第1試合は黒沢、亜樹、小林、村上の対局。

東3局の親番で細かいアガリを続けた小林が僅差ながらもリードを守りきり嬉しいトップ。久々の3勝目を挙げた。

雷電の黒沢とのトップラスも決め、ファイナルシリーズ進出に向けて大きな1勝となった。

第一試合でトップを取った小林 ©AbemaTV

1位:小林(Pirates)+53.3
2位:亜樹(風林火山)+11.3
3位:村上(ドリブンズ)▲17.5
4位:黒沢(雷電)▲47.1

1/21 第一試合後のランキング  ©AbemaTV

第2試合萩原、朝倉、たろう、滝沢の対局。

接戦が続くシーソーゲームとなったが、南1局に3000・6000のアガリを決めたたろうが辛くも逃げ切りを決めた。

オーラスはPirates・朝倉がトップ目浮上を懸けたリーチを打つもラス目の萩原が追い掛けリーチを一発でツモり連続のトップラスを決められそうなところを萩原がなんとか回避する形となった。

第二試合でトップを取ったたろう    ©AbemaTV

1位:たろう(ドリブンズ)+52.4
2位:朝倉(Pirates)+5.5
3位:萩原(雷電)▲16.8
4位:滝沢(風林火山)▲41.1

次回1月22日(火)は、赤坂ドリブンズ、UNEXTパイレーツ、渋谷ABEMAS、セガサミーフェニックスが対戦。

実況は小林未沙、解説はEX風林火山の滝沢和典が務める。

 1/21 終了時チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 324.2 66/80
2 ドリブンズ 284.4 66/80
3 麻雀格闘倶楽部 ▲34.0 64/80
4 雷電 ▲47.5 66/80
5 Pirates ▲105.9 64/80
6 ABEMAS ▲174.1 64/80
7 フェニックス ▲247.5 64/80

雷電が4位に陥落

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 園田(ドリブンズ) 299.7 23
2 滝沢(風林火山) 198.4 25
3 寿人(麻雀格闘倶楽部) 151.2 30
4 勝又(風林火山) 151.0 21
5 黒沢(雷電) 113.8 19
6 松本(ABEMAS) 96.8 23
7 たろう(ドリブンズ) 89.3 25
8 朝倉(Pirates) 61.5 21
9 前原(麻雀格闘倶楽部) 39.4 21
10 多井(ABEMAS) 31.5 17
11 亜樹(風林火山) ▲25.2 20
12 茅森(フェニックス) ▲26.3 24
13 萩原(雷電) ▲74.6 24
14 小林(Pirates) ▲74.8 22
15 近藤(フェニックス) ▲79.5 17
16 瀬戸熊(雷電) ▲86.7 23
17 石橋(Pirates) ▲92.6 21
18 村上(ドリブンズ) ▲104.6 18
19 魚谷(フェニックス) ▲141.3 23
20 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲224.6 15
21 白鳥(ABEMAS) ▲302.4 24

たろうが7位浮上!

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top