麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
ドリブンズ・園田がオーラスの聴牌料で逆転!会心の連勝を達成!!【Mリーグ 2/4 第2試合結果】

ドリブンズ・園田がオーラスの聴牌料で逆転!会心の連勝を達成!!【Mリーグ 2/4 第2試合結果】

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2018」は2月1日に、赤坂ドリブンズ 対 渋谷ABEMAS 対 セガサミーフェニックス 対 チーム雷電 の対戦が行われた。

第1試合の結果は下記記事をご参照下さい。

2/4第1試合終了時点の順位表©AbemaTV

第2試合は、ドリブンズから園田、風林火山から勝又、Piratesから石橋、麻雀格闘倶楽部から寿人の対局。園田以外はメンバーチェンジ。

第2試合の出場選手©AbemaTV

東1局に第1試合で勝利した園田が親リーチ。しかし寿人が果敢に攻め込み園田から8000の直撃するスタート。

東1局の寿人の8000 ©AbemaTV

しかし、東2局にドラポンの仕掛けで2000・4000をアガり回復。

 

東2局 園田の2000・4000 ©AbemaTV

その後は徐々に差を詰め一時園田がトップ目に立つも南3局で寿人が再びトップ目に立ってオーラスへ。トップ目寿人と二着目園田の点差は3500点差となった。

親番の寿人は道中で園田に一つ仕掛けが入るとその後は絞りながらの進行。園田の手を遅らせ逃げ切りの決着を望んだが、結果は無情にも寿人の一人ノーテンとなり園田が再逆転。大きな連勝を挙げた。

インタビューで園田は「1回戦の時はホッとした気持ちが強かったですが、今回は やったあ! って感じです。今日のお酒はおいしくなりそうですね。首位とは近づきましたが、4位に入れることが一番大事。油断せぬよう最後まで戦っていきたいです。」と喜びを語った。

第2試合1位を獲った園田©AbemaTV

1位:園田(ドリブンズ)+52.3
2位:寿人(麻雀格闘倶楽部)+11.8
3位:石橋(Pirates)▲19.3
4位:勝又(風林火山)▲44.8

次回2月5日(火)は、EX風林火山、UNEXTパイレーツ、渋谷ABEMAS、チーム雷電が対戦。

実況は小林未沙、解説は赤坂ドリブンズの村上淳が務める。

2/4 終了時チームランキング
順位 チーム名 TOTAL 試合数
1 風林火山 266.9 74/80
2 ドリブンズ 204.9 76/80
3 Pirates ▲26.4 74/80
4 麻雀格闘倶楽部 ▲40.5 76/80
5 ABEMAS ▲82.1 72/80
6 フェニックス ▲102.7 74/80
7 雷電 ▲220.1 74/80

 

個人ランキング
順位 選手名 TOTAL 試合数
1 園田(ドリブンズ) 286.1 28
2 滝沢(風林火山) 233.0 27
3 多井(ABEMAS) 200.9 22
4 寿人(麻雀格闘倶楽部) 159.8 35
5 近藤(フェニックス) 126.7 21
6 朝倉(Pirates) 121.5 25
7 黒沢(雷電) 108.6 21
8 勝又(風林火山) 82.9 23
9 たろう(ドリブンズ) 80.8 28
10 前原(麻雀格闘倶楽部) 24.3 26
11 茅森(フェニックス) 19.7 26
12 松本(ABEMAS) 9.0 25
13 小林(Pirates) ▲38.4 25
14 亜樹(風林火山) ▲49.0 23
15 萩原(雷電) ▲60.0 27
16 石橋(Pirates) ▲109.5 24
17 村上(ドリブンズ) ▲162.0 20
18 高宮(麻雀格闘倶楽部) ▲224.6 15
19 魚谷(フェニックス) ▲249.1 27
20 瀬戸熊(雷電) ▲268.7 26
21 白鳥(ABEMAS) ▲292.0 25

 

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top