麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【3/23 Mリーグ結果速報】ドリブンズが大きな2勝!風林火山もスコアを伸ばし下位2チームが苦境に

【3/23 Mリーグ結果速報】ドリブンズが大きな2勝!風林火山もスコアを伸ばし下位2チームが苦境に

CABO求人全自動麻雀卓スリム

麻雀プロリーグ「Mリーグ 2018 朝日新聞ファイナルシリーズ」は3月23日に、赤坂ドリブンズ 対 EX風林火山 対 KONAMI麻雀格闘倶楽部 対 渋谷ABEMAS の対戦が行われた。

第1試合は、ドリブンズから村上、風林火山から亜樹、麻雀格闘倶楽部から寿人、ABEMASから多井が出場。

第1試合出場選手 ©AbemaTV

東1局1本場に寿人が村上から七対子のダマテンで8000をアガるスタートとなったが、東2局からは村上の独壇場に。

まずは東2局に5巡目にドラ暗刻のタンヤオの両面リーチ。これをツモり3000・6000。

東2局 村上の3000・6000 ©AbemaTV

続く東3局でも4000オールをアガりリードを広げた。その次局は多井が寿人から満貫をアガるなどして村上トップ、多井が2着目で南入。

大きく場が動いたのは南3局。親の村上が仕掛けて小三元・ホンイツ・赤の跳満を聴牌。亜樹が先制リーチをしていたが、それに追いついた多井が変則4面張の聴牌で追い掛けリーチ。しかしその宣言牌のが無常にも村上に捕まり痛恨の18000放銃。

南3局 村上の18000   ©AbemaTV

この後もアガリを重ねた村上が79900点の大きなトップ。多井は箱下の4着に沈む苦しい1戦となった。

村上は「ずっと手牌に恵まれていたので誰でも取れるトップだったと思います。結構前から今日の先発は決まっていて、ここのところずっと今日の事を考えていました。とにかく体調に気を遣って過ごしていました。フリテンリーチはその前巡から微妙な選択だったのですが、成功したのは本当に大きかったです。風林火山との差をつけることができたのも良かったです。今後もドリブンズは期待値を稼ぐことに全力を尽くしますので応援していただければ嬉しいです。」と語った。

1戦目1位の村上 ©AbemaTV

1位:村上(ドリブンズ)+99.9
2位:寿人(麻雀格闘倶楽部)▲5.9
3位:亜樹(風林火山)▲27.5
4位:多井(ABEMAS)▲66.5

第1試合終了時点の順位表 ©AbemaTV

 

第2試合は、ドリブンズから園田、風林火山から滝沢、麻雀格闘倶楽部から寿人、ABEMASから松本が出場。

麻雀格闘倶楽部以外はメンバーチェンジ。

第2試合出場選手 ©AbemaTV

東1局にいきなり大きな場面。まずは松本がタンヤオ・平和・ドラ2・赤をリーチ。

東1局の松本の跳満確定リーチ ©AbemaTV

しかし親の園田がひるまずに立ち向かいカンの追い掛けリーチで一発ツモ。4000オールの大きなアガリを決めた。

東1局 園田の4000オール ©AbemaTV

その後滝沢と寿人もアガリを重ねトップ争いは接戦となるが、東4局に滝沢がリーチ・ツモ・平和・チャンタ・三色・ドラ1の倍満をアガり一気に抜け出す。

東4局 滝沢の4000・8000 ©AbemaTV

しかしすかさず南1局の親番で園田が4000オールで再びトップ目に。その後に滝沢が寿人から12000をアガり再び園田をかわすも、南2と南3で園田がアガりオーラスは園田が900点リードして迎えた。

オーラスは松本が滝沢から8000をアガり決着。ドリブンズは大きな連勝となった。

園田は「(14戦中の8トップについて)かなり幸運に恵まれていると思います。嬉しいですね。村上さんと同じように監督に誕生日プレゼントを届けたいと思っていたので本当に良かったです。この後はたろうさんが出ると思うので、選手三人からそれぞれ監督にトップというプレゼントが届けられるといいですね。残りの10試合も期待値を稼ぎ続けます!」と語った。

第2試合1位の園田 ©AbemaTV

1位:園田(ドリブンズ)+75.4
2位:滝沢(風林火山)+26.5
3位:松本(ABEMAS)▲34.7
4位:寿人(麻雀格闘倶楽部)▲67.2

第2試合終了時点の順位表

第3試合は、ドリブンズからたろう、風林火山から勝又、麻雀格闘倶楽部から前原、ABEMASから多井が出場

第3試合出場選手 ©AbemaTV

東2局2本場で多井は2000・4000をツモりトップ目に立つも勝又がアガリを重ねてトップ目で南入。

東4局 勝又の2000・4000 ©AbemaTV

南1局でラス目の前原が勝又から12000をアガり全員が2万点代の接戦となるもその後は勝又が要所でアガりを重ね有利な状況でオーラスを迎える。

オーラス、2着目親の多井が勝又をかわすべく渾身のリーチを放つも勝又が絶好の待ちの平和で押し切り、多井からアガりで自力でトップを決めた。

南4局 勝又のトップを決めるアガリ ©AbemaTV

勝又は「残り10戦のうち、5回トップ取れれば十分優勝が狙えると思っているので、まずは1勝できて良かったです。うちのチームは守備力は持ち味なので、しっかりポイントを維持して、取れるトップは積極的に狙っていきたいです。亜樹さんと滝沢さんが苦しみながらもキープしてくれたことを繋ぐことができたので、明日も今のトップを活かせるように続いていきたいと思います。応援よろしくお願いいたします。」と語った。

第3試合1位の勝又 ©AbemaTV

1位:勝又(風林火山)+60.3
2位:多井(ABEMAS)+3.2
3位:たろう(ドリブンズ)▲21.3
4位:前原(麻雀格闘倶楽部)▲42.2

残り9戦、上位2チームと下位2チームの差は広がり、下位2チームは更に厳しい状況になったが、まだまだ熱戦は続いていく。

3/23日試合結果 ©AbemaTV

次の試合は3/24日(日)15時より生放送。

実況は松嶋桃、解説はTEAM雷電の萩原聖人、瀬戸熊直樹、黒沢咲が1戦ずつ担当する。

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top