麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/19 Mリーグ2021 2戦目結果】連闘の勝又健志がオーラスに劇的な跳満を決めて大逆転トップ!チームを首位に押し上げる!

【10/19 Mリーグ2021 2戦目結果】連闘の勝又健志がオーラスに劇的な跳満を決めて大逆転トップ!チームを首位に押し上げる!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」10日目が10月19日(火)に開催された。

10月19日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、松嶋桃藤崎智 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

【10/19 Mリーグ2021 1戦目結果】堀が南場で3回ツモアガリを決めて初トップ!インタビューで連闘宣言!連勝なるか!?

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は堀慎吾本田朋広勝又健志松本吉弘の対戦。堀、勝又は連闘となった。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

連闘した堀が東1局から2000オール、12000、4000オールとアガリ続ける。持ち点は一気に5万点を越え、このまま連勝もあるかと思われた。

東1局 堀 ダブ東・ドラ・赤 2000オール ©ABEMA
東1局1本場 堀 ホンイツ・中・ドラ1 12000 ©ABEMA
東1局2本場 堀 ピンフ・ツモ・一盃口・ドラ2 4000オール ©ABEMA

東1局3本場、堀の連荘を止めたのは勝又。自風の[西][①]をポンして[①]を加槓。新ドラが2枚乗って満貫になり、トップ目の堀から出アガリを決めて点差を縮める。

東1局3本場 勝又 西・ドラ3 8000 ©ABEMA

東2局、松本がピンフ赤赤の[③][⑥]待ち3巡目リーチ。早いリーチだったが堀も仕掛けてドラドラの[③][⑥]の同じ待ちで追いつく。
その後本田が切った[③]は頭ハネで松本のアガリに。裏が2枚乗って12000。本田がやや置いて行かれる展開となった。

東2局 堀の手牌 ©ABEMA
東2局 松本 リーチ・ピンフ・ドラ2・赤2 12000 ©ABEMA

本田は東3局もピンフ高目二盃口のリーチで勝負するも宣言牌が松本のチンイツに捕まり8000、苦しい展開が続く。

東3局 本田のリーチ ©ABEMA
東3局 松本 チンイツ 8000 ©ABEMA

南1局2本場、これまで苦しかった本田が高目三色の先制リーチに辿りつく。テンパイの松本も押していくが、ここは本田が制する。安めながらも[⑦]ツモで2000・4000で箱下から地上に復帰して親番を迎える。

南1局 松本の手牌 ©ABEMA
南1局 本田 リーチ・ツモ・平和・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

南2局、トップ目の堀が局を進めようと積極的な仕掛けでテンパイ。ラス目の親番、本田もピンフ・赤1の聴牌で追いつきでリーチをすると、堀が[1]を一発で掴み、これを打ち抜き本田に放銃。12000で勝負の行方がまったくわからなくなった。

南2局 堀の手牌 ©ABEMA
南2局 リーチ・一発・ピンフ・赤 12000 ©ABEMA

南2局1本場、筒子のホンイツ、大物手が見える手牌だったが、勝又が[発]を仕掛けてアガリきる。

南2局1本場 本田の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 勝又 發・赤2 3900 ©ABEMA

南3局、松本が序盤に対子が多い手牌で[4][3][2]と1面子を落していくと四暗刻の一向聴に。道中[二][西]の対子選択があったが、堀から切られた[8]をポンして、選択ばっちり、残した[西]をツモって跳満。一気にリードを得てオーラスの親番を迎えた。

南3局 松本 ダブ南・トイトイ・三暗刻 3000・6000 ©ABEMA

南4局、堀が跳満ツモでトップの状況で三色にならないテンパイ。堀はヤミテンでツモ、または勝又から出アガリで2着ということで一旦ヤミテンに。そんな中、一向聴の勝又からドラの[発]が切られ、これを本田がポン。満貫ツモでトップの勝又も一盃口が完成してテンパイし、カン[②]でリーチ。[発]をポンして目いっぱいに構えた本田がテンパイし、一発で[②]が打ちだされる。満貫出アガリは着順は上がらないが、なんと裏ドラが2枚乗って跳満となり勝又が逆転トップ。松本はまさかの捲られでトップが目の前から攫われることとなった。

南4局 本田の手牌 ©ABEMA
南4局 勝又・リーチ・一発・一盃口・ドラ2・赤1 12000 ©ABEMA

勝又は1戦目2着、2戦目トップで本日大きくポイントを稼ぐことに成功した。

第2試合トップの勝又 ©ABEMA

第2試合結果
1位 勝又(風林火山)+57.7
2位 松本(ABEMAS)+15.0
3位 堀(サクラナイツ)▲17.1
4位 本田(雷電)▲55.6

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月19日トータル結果

風林火山(勝又2着・勝又1着)+62.2
サクラナイツ(堀1着・堀3着)+46.8
ABEMAS(白鳥3着・松本2着)▲1.6
雷電(黒沢4着・本田4着)▲107.4

連闘となった勝又と堀がそれぞれポイントを稼いでチームの順位を押し上げた。雷電は苦しい連続4着となり、プラスポイントがあと僅かとなってしまった。次の木曜日にしっかり立て直せるかに注目が集まる。

10月19日終了時点のチームランキング ©ABEMA
10月21日の対局チーム ©ABEMA
10月19日終了時点の個人ランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top