麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/19 Mリーグ2021 1戦目結果】堀が南場で3回ツモアガリを決めて初トップ!インタビューで連闘宣言!連勝なるか!?

【10/19 Mリーグ2021 1戦目結果】堀が南場で3回ツモアガリを決めて初トップ!インタビューで連闘宣言!連勝なるか!?

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」10日目が10月19日(火)に開催された。

10月19日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、松嶋桃藤崎智 ©ABEMA

第1試合

第1試合は黒沢咲堀慎吾白鳥翔勝又健志たろうの対戦。開催10日目にして勝又が初登場。

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東1局、親の黒沢がオタ風の[南]をポンして筒子のホンイツへ。副露率の低い黒沢の仕掛けに場に緊張感が走る。すると勝又が[東]を暗刻にした[2][5]でリーチ。

東1局 堀の手牌 ©ABEMA
東1局 黒沢の手牌 ©ABEMA

堀がリーチの一発目に[⑤]を暗槓して[①]を切り、タンヤオ・ドラ・赤のテンパイ。この[①]を黒沢がポンして[①][⑧]待ちのホンイツ18000のテンパイ。[⑤]は暗槓されているが、まだ[⑧]が山にある。しかし[2][5]の方が多かった。勝又がツモって満貫のアガリ。

東1局 勝又 リーチ・ツモ・東・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

東2局は黒沢がタンヤオ・ドラ1をヤミテンに構えトップ目勝又から出アガリ。ゲームが進む。

東2局 黒沢 タンヤオ・ドラ 2600 ©ABEMA

東3局流局を挟み、1本場、白鳥がダブ東をポンしてテンパイすると堀が赤赤の[三][六]リーチ。白鳥も押していくも、結果は堀が掴んだ[赤⑤]で勝又がアガりきった。

東3局1本場 堀のリーチ ©ABEMA
東3局1本場 勝又 一盃口・赤 2600 ©ABEMA

東4局白鳥が3巡目リーチ。早いリーチに全員対応させられ、終盤に白鳥が700・1300ツモ。南入する。

東4局 白鳥 リーチ・ツモ・ピンフ 700・1300 ©ABEMA

南1局、堀がドラの[南]を切ってリーチ、すかさず勝又がポンして一向聴。勝又がほしい[①][④]はかなり薄かったが、堀の現物ゆえに白鳥が切り、勝又がチーしてテンパイ。しかし結果は堀がツモって裏が乗り満貫に。僅差でゲームが進む。

南1局 勝又の手牌 ©ABEMA
南1局 堀 リーチ・ツモ・ドラ・赤 2000・4000 ©ABEMA

南2局、白鳥が黒沢から5200をアガって依然僅差だが、南3局の堀がメンタンピンのリーチをツモって裏が2枚乗り跳満に。トップ目に躍り出る。

南3局 堀 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA

南4局も堀がアガって試合終了。

南場で3回のツモアガリを決めた堀が初トップとなった。

南4局 リーチ・ツモ・赤 1000・2000 ©ABEMA

堀はインタビューで連闘を宣言。サクラナイツでは第1試合にトップをとると、シーズン中一度だけ『連闘権』を使えるとのこと。第2試合でもこの勢いのまま堀が勝ち抜くか。

第1試合トップの堀 ©ABEMA

第1試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+63.9
2位 勝又(風林火山)+4.5
3位 白鳥(ABEMAS)▲16.6
4位 黒沢(雷電)▲51.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第二試合結果記事

【10/19 Mリーグ2021 2戦目結果】連闘の勝又健志がオーラスに劇的な跳満を決めて大逆転トップ!チームを首位に押し上げる!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top