麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【10/26 Mリーグ2021 第2試合結果】佐々木寿人が倍満ツモのリードを守ってレギュラー100戦目のメモリアル勝利!麻雀格闘倶楽部は4人で4連勝!

【10/26 Mリーグ2021 第2試合結果】佐々木寿人が倍満ツモのリードを守ってレギュラー100戦目のメモリアル勝利!麻雀格闘倶楽部は4人で4連勝!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」14日目が10月26日(火)に開催された。

10月26日の対戦カード ©ABEMA
実況解説は、松嶋桃藤崎智 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

【10/25 Mリーグ2021 第1試合結果】レギュラーシーズン通算100戦目!滝沢が今シーズン初トップ! 萩原には天和チャンス!?

第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合

第2試合は佐々木寿人魚谷侑未黒沢咲内川幸太郎の対戦。

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東1局は流局でスタート。東2局は魚谷が4000オールのアガリから4本場まで連荘。

東2強 魚谷 ダブ東・ドラ・赤1 4000オール©ABEMA

3本場では萬子のメンホンチートイツドラドラでテンパイするも、内川が当たり牌を[一]しっかりと止め切り流局。

東2局3本場 内川の手牌 ©ABEMA
東2局本場 魚谷の手牌 ©ABEMA

4本場、黒沢が早い[四][七]待ちリーチ。[西]を暗槓。内川も仕掛けてタンヤオに向かうも、道中選ばれたのは[四]。裏ドラが2枚乗って黒沢の満貫のアガリに。

東2局 黒沢 リーチ・ドラ2・赤 8000 ©ABEMA

東3局、魚谷が[⑨]ポンから発進して[白][5]のシャンポン待ちでテンパイ。

すると寿人が[⑧]を暗槓。新ドラ2枚が乗りリーチ[六]と新ドラの[三]のシャンポン。3副露の魚谷もしばらく押していくも、終盤には撤退。寿人が[六]をツモって倍満のアガリを決める。

東3局 寿人 リーチ ©ABEMA
東3局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東3局 寿人 リーチ・ツモ・タンヤオ・三暗刻・ドラ3 4000・8000 ©ABEMA

東4局、内川のリーチに目いっぱいに受けた黒沢が3900の放銃。

東4局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東4局 内川 リーチ・赤 3900 ©ABEMA

手は入るもなかなかアガリに結びつかない黒沢。次局先制リーチの[4][5]待ちも、親の内川がドラのカン[5]待ちで追いかける。[5]の引き合いに勝利したのは内川。裏も乗せて4000オールで復活。

東4局1本場 黒沢リーチ ©ABEMA
東4局1本場 内川 リーチ・ツモ・ドラ2 4000オール ©ABEMA

東4局2本場、黒沢が[⑥][⑦]のシャンポンテンパイから[②][⑤][⑧]高目一盃口になりリーチ。親の内川が[⑤][6]のシャンポンで追いかけリーチし[⑤]の引き合いに。

東4局2本場 黒沢リーチ ©ABEMA
東4局2本場 内川リーチ ©ABEMA
東4局2本場 黒沢 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・一盃口・赤 3000・6000 ©ABEMA

今回は軍配は黒沢。3000・6000のアガリを決めて南入する。

南1局、黒沢が4巡目カン[⑧]リーチ。黒沢の早いリーチに全員対応。魚谷は終盤黒沢の当たり牌[⑧]を使い切り、テンパイを取り切り、黒沢、魚谷のテンパイで流局。

南1局 黒沢リーチ ©ABEMA
南1局 流局 ©ABEMA

南2局1本場、黒沢の手には[⑨][東]が暗刻になり、役満の日ということもあって四暗刻を彷彿とさせるが、内川が七対子地獄単騎の[中]でリーチ。

南2局 黒沢の手牌 ©ABEMA
南2局 内川 リーチ ©ABEMA
南2局 魚谷の手牌 ©ABEMA
南2局 内川 リーチ・七対子・ドラ2・赤 12000 ©ABEMA

親番の魚谷はドラドラの手で押していく。最後の[中]を持ってきたのは黒沢。裏が2枚のって内川の12000のアガリに。

南3局、黒沢が連荘を目指して、[発]を仕掛けていくも寿人が先制リーチ。仕掛けた黒沢はなかなか有効牌を引かず、寿人の当たり牌[9]を引かされる。回っていくが最終的には[9]が使えない形のテンパイとなり[9]が打ちだされる。寿人がリードを広げ、オーラスへ。

南3局 黒沢の手牌 ©ABEMA
南3局 寿人 リーチ・ドラ1 2600 ©ABEMA ©ABEMA

南4局、黒沢が跳満ツモにかけてドラ単騎のリーチに出るも親の内川が1000オールでつなぐ。

南4局 内川 南・ドラ1 1000オール ©ABEMA

魚谷が[発]だけでは着順が変わらないため、3着からトップになる1300・2600ツモを狙い、[1]からポンして両面聴牌に取らずにトイトイへ。[5]を重ねることに成功して[5][8]のシャンポンでテンパイ。[赤5]であれば満貫となり誰からアガってもトップという手に仕上がった。

南4局 魚谷の手牌 ©ABEMA

寿人はドラも浮いてしまい早々に撤退。親の内川は魚谷とテンパイノーテンの差で着順が2着から3着に落ちてまうため、テンパイ連荘したいところだったが、最後までテンパイできず。魚谷のアガリも出なかったが、魚谷が1人テンパイで流局し、魚谷は2着に浮上して決着。

南4局1本場 流局 ©ABEMA

倍満ツモのリードをしっかり守り切ってトップを勝ち取った寿人。1戦目勝利の滝沢と個人100戦目のメモリアル勝利を共に果たし、麻雀格闘倶楽部は4連勝を飾った。

第2試合トップの寿人 ©ABEMA

第2試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+52.3
2位 魚谷(フェニックス)+9.6
3位 内川(サクラナイツ)▲11.7
4位 黒沢(雷電)▲50.2

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

10月26日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(滝沢1着・寿人1着)+107.6
サクラナイツ(岡田2着・内川3着)+1.8
フェニックス(東城4着・魚谷2着)▲36.7
雷電(萩原3着・黒沢4着)▲72.7

麻雀格闘倶楽部は先週金曜に伊達、高宮で連勝、本日は滝沢、寿人で連勝と4人で4連勝を飾り2位まで浮上。個人100戦目のメモリアル勝利も飾り記録尽くしの一日となった。役満のアガリは無かったが、しっかり記録を残すことができた1日となった。

雷電は依然として苦しい戦いが続く。しかしまだまだ序盤戦、1戦1戦をしっかり戦って這い上がっていきたい。

10月26日終了時点のチームランキング ©ABEMA
10月27日の対局チーム ©ABEMA
10月26日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top