麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/2 Mリーグ2021 第1試合結果】瀬戸熊直樹のオーラス大逆転地獄単騎ツモ!雷電復活の兆し!

【11/2 Mリーグ2021 第1試合結果】瀬戸熊直樹のオーラス大逆転地獄単騎ツモ!雷電復活の兆し!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」18日目が11月2日(火)に開催された。

11月2日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智  実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:瀬戸熊直樹

南:二階堂瑠美

西:魚谷侑未

北:松本吉弘

11月2日は魚谷の誕生日。

第1試合

東1局、松本が[6][9]待ちのピンフドラ1を先制リーチ。すると親の瀬戸熊も赤・ドラのペン[3]待ちで追いかける。瀬戸熊の待ちはすでに山になく、松本の待ちも[6]が残り1枚だったが、松本がツモ。2000・4000で一歩リード。

東1局 松本 リーチ ©ABEMA
東1局 瀬戸熊 リーチ ©ABEMA
東1局 松本 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ 2000・4000 ©ABEMA

東2局、魚谷がドラドラ赤の手牌。[2]をポンして[五][八]でテンパイ。[3]を暗槓したが流局。終盤松本も粘って形式テンパイを取った。

東2局 魚谷の手牌 ©ABEMA
東2局 松本の手牌 ©ABEMA
東2局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、瑠美がドラの[白]を重ねて先制リーチも、カン[⑦]でテンパイしていた瀬戸熊がツモって2000・4000。2着目に浮上した。

東3局1本場 瑠美 リーチ ©ABEMA
東3局1本場 瀬戸熊 ツモ・タンヤオ・赤2 2000・4000 ©ABEMA

東4局、瑠美が自風の[西]を1枚目からポン。手の中にはドラドラ赤がある。しかし魚谷がドラの[8]を切って[4][7]待ち先制リーチ。このドラをポンした瑠美から[7]が打ちだされ、魚谷の3900のアガリとなった。

東4局 瑠美の手牌 ©ABEMA
東4局 魚谷 リーチ・タンヤオ・ピンフ 3900 ©ABEMA

南1局、松本がドラの[南]を雀頭にした[⑤][⑧]待ちリーチ。他3者は押し返せる手の形ではなく、リーチ時に6枚山に残っていた[⑤][⑧]を松本がツモ。

南1局 松本 リーチ・ツモ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

南2局、ここまでアガリが無い瑠美の親番。なんとか連荘したいが思うように進まず、ノーテン。瀬戸熊が道中[⑥][⑨]のテンパイを入れ、一人テンパイで流局した。

南2局 流局 ©ABEMA

南3局1本場、ダブ南の[南]をポンした松本。カン[2]をチーして手牌を進めていくも、ラス目の瑠美からドラの[①]単騎リーチがかかる。

南3局1本場 瑠美 リーチ ©ABEMA
南3局1本場 魚谷 發・ドラ2・赤 12000 ©ABEMA

すると魚谷が[発]が暗刻でドラドラのカン[五]待ちででテンパイ。瑠美のアガリ牌[①]は山になく、瑠美がつかんだのは魚谷のアガリ牌[赤五]。魚谷の12000のアガリとなった。

南3局2本場 瀬戸熊 リーチ ©ABEMA
南3局2本場 瀬戸熊 リーチ・ドラ2・赤 8000 ©ABEMA

南3局2本場、松本がタンヤオで進めていくも。瀬戸熊がカン[⑥]待ち役無テンパイを1巡待ってツモ切りリーチ。[⑥]はリーチの1巡前に松本が切った牌で、瑠美が放銃。瀬戸熊8000のアガリでトップ争いに参戦。

オーラス、瀬戸熊七対子でテンパイし、地獄単騎の[南]待ちでリーチ。

南4局 瀬戸熊 リーチ ©ABEMA

瑠美も素点回復のために赤含みの[六][九]待ちで追いかけると、瀬戸熊が一発ツモ!

南4局 瑠美 リーチ ©ABEMA
南4局 瀬戸熊 リーチ・一発・ツモ・七対子・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA

さらにツモった[南]が裏ドラで跳満に。大逆転トップを勝ち取った。

第1試合トップの瀬戸熊 ©ABEMA

第1試合結果
1位 瀬戸熊(雷電)+68.4
2位 松本(ABEMAS)+14.4
3位 魚谷(フェニックス)▲8.4
4位 瑠美(風林火山)▲74.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top