麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【11/5 Mリーグ2021 第2試合結果】園田賢が完璧なゲームメイクで完勝!苦境を脱するチーム連勝を決める!

【11/5 Mリーグ2021 第2試合結果】園田賢が完璧なゲームメイクで完勝!苦境を脱するチーム連勝を決める!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」20日目が11月5日(金)に開催された。

11月5日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔  実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合はたろうがトップ!
第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:日向藍子

南:近藤誠一

西:沢崎誠

北:園田賢

第2試合

東1局、日向がトイトイテンパイ。沢崎が[①][④]全山リーチも一発目に持ってきたのは日向の当たり牌[西]。日向の7700のアガリ。

東1局 日向の手牌 ©ABEMA
東1局 日向の手牌 ©ABEMA
東1局 沢崎 リーチ ©ABEMA
東1局 日向 トイトイ・赤 7700 ©ABEMA

東1局1本場、近藤がホンイツチートイツのテンパイ。

東1局1本場 近藤の手牌 ©ABEMA

自風の[南]単騎からオタ風の[西]単騎とするも、この[西]はすでにテンパイしている西家の沢崎に暗刻。[南]単騎続行なら沢崎から打たれた[南]で近藤のアガリだったかもしれないが、近藤は沢崎の当たり牌[⑥]を掴み放銃。三暗刻がついて6400の沢崎のアガリとなった。

東1局1本場 沢崎 西・三暗刻 6400 ©ABEMA

開かれた手牌にある[西]の暗刻を見て近藤は何を思うか。

東2局、親の近藤がタンヤオ・赤1のテンパイも園田のリーチに勝負し満貫放銃。

東2局 園田 リーチ・一気通貫・裏ドラ 8000 ©ABEMA

東3局、園田がどちらをツモっても一盃口がつく珍しい形のピンフリーチ。[四]をツモって1300・2600。たろうのあとに続くトップとなるか。

東3局 園田 リーチ・ツモ・ピンフ・一盃口 1300・2600 ©ABEMA

東4局、園田の親番。日向が[東]をポンして[五][八]待ちテンパイ。沢崎から切られることもあるかと思われたが、沢崎も使い切って[二][五]でテンパイ。

東4局 日向の手牌 ©ABEMA
東4局 沢崎 タンヤオ・ドラ・赤 1000・2000 ©ABEMA

この局は沢崎が[五]をツモって1000・2000で南入。

南1局日向が大三元も見える手牌だったが、園田がネックのカン[③]が鳴けて盤石のタンヤオ・三色・ドラ1のテンパイ。日向から3900のアガリでリードを広げて局が進む。

南1局 日向の手牌 ©ABEMA
南1局 園田 タンヤオ・三色・ドラ 3900 ©ABEMA

南2局、近藤の親番。この局はスピードを犠牲にしてホンイツに向かうも、沢崎の赤を2枚切り飛ばしたトイトイに放銃となってしまう。

南2局 沢崎の手牌 ©ABEMA

このアガリで沢崎は2着目に浮上。

南3局、園田が[二][五]先制リーチも親の沢崎がドラドラ赤で仕掛けていく。しかし園田が1000・2000ツモ。園田盤石の状態でオーラス親番を迎える。

南3局 沢崎の手牌 ©ABEMA
南3局 園田 リーチ・ツモ・ドラ 1000・2000 ©ABEMA

オーラス、2着目の沢崎は跳満ツモでトップになるが、3着目の日向とは1300点差。ドラの[⑧]を引き入れ、テンパイ。1巡回してリーチ。高め[5]ツモなら条件を満たす聴牌となった。

南4局 沢崎 リーチ ©ABEMA

近藤も最終手番で七対子テンパイ。ツモ番なしリーチを敢行するもアガリは出ずに流局。1300点差の日向も一向聴だったがテンパイまでたどり着かなかった。

南4局 近藤 リーチ ©ABEMA
南4局 流局 ©ABEMA

園田が逃げ切ってドリブンズは連勝した。

第2試合トップの園田 ©ABEMA

第2試合結果
1位 園田(ドリブンズ)+64.6
2位 沢崎(サクラナイツ)+8.1
3位 日向(ABEMAS)▲15.0
4位 近藤(フェニックス)▲57.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

11月5日トータル結果

ドリブンズ(たろう1着・園田1着)+132.5
サクラナイツ(堀2着・沢崎2着)+14.5
ABEMAS(白鳥3着・日向3着)▲38.8
フェニックス(東城4着・近藤4着)▲108.2

ドリブンズがたろう、園田で連勝となり、トータルスコアは▲190.9と200ポイントを割り込んだ。今後に繋がる大きな1日となった。
フェニックスは大きく苦しみ7位に転落。シーズン序盤に好調だった雷電と共に3桁マイナスのゾーンに突入。このあたりが踏ん張り所となるだろう。

11月5日終了時点のチームランキング ©ABEMA
11月8日の対局チーム ©ABEMA
11月5日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top