麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【11/5 Mリーグ2021 第1試合結果】鈴木たろうのゼウスの選択が光った3勝目!ドリブンズ不調を脱するきっかけとなるか!?

【11/5 Mリーグ2021 第1試合結果】鈴木たろうのゼウスの選択が光った3勝目!ドリブンズ不調を脱するきっかけとなるか!?

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」20日目が11月5日(金)に開催された。

11月5日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔  実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:鈴木たろう

南:東城りお

西:堀慎吾

北:白鳥翔

第1試合

東1局、ツモが伸びた白鳥のタンヤオ・ピンフ・赤赤の先制リーチ。すぐに東城が[発][中]のシャンポン待ちで追いかける。

東1局 白鳥 リーチ ©ABEMA
東1局 東城 リーチ ©ABEMA

打点も待ちも白鳥が優秀だったが、白鳥が先に[中]を掴み、東城の2600のアガリに。

東1局 東城 リーチ・中 2600 ©ABEMA

東2局、カン[8]に狙いを定めた東城がリーチ。[8]は山になかったが、たろうから打ちだされる。打点は1300だが、2局連続のアガリで幸先の良いスタート。

東2局 たろうの手牌 ©ABEMA
東2局 東城 リーチ 1300 ©ABEMA

東3局、カン[3]のタンヤオ・赤赤をヤミテンに構えた堀。次巡に[7]が暗刻になり、[3][4][6]待ちになったところでリーチ。

東3局 堀の手牌 ©ABEMA
東3局 堀 リーチ ©ABEMA

[4]なら三暗刻もつく打点も待ちも格段に良くなったリーチだったが、アガリは出ずに流局。

東3局 流局 ©ABEMA

東4局1本場、白鳥が赤赤両面リーチ。ツモって2000・4000。全員2万点台の僅差で南入。

東4局1本場 白鳥 リーチ・ツモ・赤2 2000・4000 ©ABEMA

南1局、たろうがドラの[中]を連続で引き入れたところに、堀がフリテンの[9]を引き戻して[③][⑥]待ち先制リーチ。

南1局 たろうの手牌 ©ABEMA
南1局 堀 リーチ ©ABEMA
南1局 東城の手牌 ©ABEMA
南1局 白鳥の手牌 ©ABEMA

東城も生牌の[白]を切ってピンフでテンパイ。ヤミテンに構える。この[白]を鳴いて白鳥も堀と同じ[③][⑥]待ちでテンパイ。

東城は堀の現物[一]を切って一旦回る。するとたろうが[八]をチーして[一][四]待ちテンパイ。白鳥は[赤5]を掴まされ、撤退を選択。結果、堀が[四]を掴みたろうに満貫放銃となった。

南1局 たろうの手牌 ©ABEMA
南1局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南1局 たろう 中・ドラ3 8000 ©ABEMA

南2局は白鳥がドラと赤をさらした喰いタン仕掛けにたろう、堀が対応しつつテンパイしてリーチも流局。

南2局 流局 ©ABEMA

南2局1本場、配牌で[中]が暗刻の白鳥が[一]をポン。たろうがタンヤオで赤牌3枚を使い切って[四][七]待ちでテンパイし、ヤミテンに構えると、テンパイを取った白鳥から[四]が打ちだされる。たろうの12000の大きなアガリとなった。

南2局1本場 白鳥の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 たろう タンヤオ・赤3 12000 ©ABEMA

南2局2本場、堀が[⑨]とシャンポンでテンパイ。ヤミテンに構える。

南2局2本場 堀の手牌 ©ABEMA

たろうもフリテンの[1][4]テンパイをヤミテンにした。ドラの[中]が見えていないゆえのヤミテンかと思われたが、たろうが次巡に持ってきた[中]を切り、東城がポンして[5][8]待ちテンパイ。

南2局2本場 東城の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 たろうの手牌 ©ABEMA

これに対して堀たろうはフリテン[1][4]ヤミテン続行。白鳥がリーチするもたろうが[4]ツモで加点。

南2局2本場 たろう ツモ・赤 1300オール ©ABEMA

南2局3本場、堀が1枚切れの[北]単騎でリーチ。これに東城が一発で捕まり、堀の6400のアガリに。堀が2着目に浮上。

南2局3本場 堀 リーチ ©ABEMA

南3局、堀の配牌に[南]が暗刻で4巡目にテンパイしリーチ。白鳥もカン[三]で追いつきリーチも、次巡に堀の当たり牌[②]を掴み放銃。裏ドラが1枚乗って堀が5200のアガリ。

南3局 堀 リーチ・南・ドラ 5200 ©ABEMA

オーラス、親の東城の手牌には[中]が暗刻でドラと赤が2枚。[四][七]待ちでテンパイし、ヤミテンに。1300・2600ツモで着順アップの白鳥。ピンフ[二][五]待ちでテンパイし、リーチとすると、東城が[6]をツモ切って追いかけリーチ。

南4局 東城の手牌 ©ABEMA
南4局 白鳥 リーチ ©ABEMA
南4局 東城 リーチ ©ABEMA

このリーチ対決の勝者は白鳥。ツモって裏ドラが2枚乗って2000・4000。4着から3着に着順をあげて第1試合終了。

南4局 白鳥 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

たろうの3勝目は、300ポイント以上マイナスしていたドリブンズにとって、トンネルを抜け出すきっかけになるか。

第1試合トップのたろう ©ABEMA

第1試合結果
1位 たろう(ドリブンズ)+67.9
2位 堀(サクラナイツ)+6.4
3位 白鳥(ABEMAS)▲23.8
4位 東城(フェニックス)▲50.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第二試合結果記事

第二試合結果はこちら

第二試合は園田が勝利でドリブンズ連勝! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top