麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【11/9 Mリーグ2021 第1試合結果】村上が嬉しい今シーズン初トップ!岡田と高宮は同点2着に

【11/9 Mリーグ2021 第1試合結果】村上が嬉しい今シーズン初トップ!岡田と高宮は同点2着に

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」22日目が11月9日(火)に開催された。

11月9日の対戦カード ©ABEMA
解説:土田浩翔 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:村上淳

南:東城りお

西:岡田紗佳

北:高宮まり

第1試合

東1局、整った配牌から高宮が先制リーチ。

東1局 高宮 リーチ ©ABEMA

リーチを受けた東城は立て続けに役牌を引き入れツモり四暗刻の一向聴。

村上の切った[赤五]を仕掛けてテンパイ。[白]は村上と岡田が1枚ずつ持っていたが高宮が[南]を掴み東城が好スタートを決める。

東1局 東城 南・發・トイトイ・赤 8000 ©ABEMA

東2局は村上が苦しい配牌から丁寧に進め、小三元の[発]待ちでテンパイ1番乗り。

山に2枚残っていた[発]をツモり12000のアガリとなった。

東2局 村上 白・中・小三元・チャンタ・ドラ 3000・6000 ©ABEMA

東3局は、岡田が[発]を仕掛けてホンイツのテンパイ。

東3局 岡田の手牌 ©ABEMA

そこへ高宮がカン[七]待ちでテンパイ。

手変わりを待つためにダマテンにしたが次巡にリーチを敢行し、見事ツモアガリ。

手変わった際の[八]が岡田への放銃だったため高宮の好判断となった。

東1局 高宮 リーチ・ツモ・ドラ・赤・裏 2000・4000 ©ABEMA

東4局は岡田が好配牌。

フリテンリーチにはなったもののアガリきり2着に浮上。

東1局 岡田 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤・裏 3000・6000 ©ABEMA

東場は4者が高打点のアガリを決める派手な展開となった。

南2局では高宮が先制リーチ。

親番の東城は[④]引きでテンパイ。[三]を切っての[四]-[七]待ち、もしくは[六]を切っての[一]-[四]待ちかを選択できる手牌。

南2局 東城の手牌 ©ABEMA

東城の選択は[三]切りリーチ、しかし無情にも高宮から切られたのは[一]

その後、高宮がツモり2000のアガリ。

南2局 高宮 リーチ・ツモ 500・1000 ©ABEMA

南3局では村上が東城から8000のアガリを決めリードを広げる。

南3局 村上 中・ドラ3・赤 8000 ©ABEMA

オーラス、アガれば今シーズン初トップの村上がトイトイのテンパイを入れるも、仕掛けていた親の高宮が岡田から2900のアガリ。

南4局 村上の手牌 ©ABEMA
南4局 高宮 タンヤオ・ドラ 2900 ©ABEMA

南4局1本場では村上がアガリきり、嬉しい今シーズン初トップとなった。

南4局1本場 村上 チートイツ・ドラ2 6400 ©ABEMA

また、このアガリにより岡田と高宮は同点の2着となった。

第1試合トップの村上 ©ABEMA

第1試合結果
1位 村上(ドリブンズ)+65.2
2位 岡田(サクラナイツ)▲9.1
2位 高宮(格闘倶楽部)▲9.1
4位 東城(フェニックス)▲47.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第二試合結果記事

第二試合結果はこちら

第2試合は園田がトップでドリブンズ4連勝!

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top