麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【12/3 Mリーグ2021 第1試合結果】松本吉弘がトップでABEMASのトータルポイントはプラス!萩原はオーラスまでトップ目だったが惜しくも2着!

【12/3 Mリーグ2021 第1試合結果】松本吉弘がトップでABEMASのトータルポイントはプラス!萩原はオーラスまでトップ目だったが惜しくも2着!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」36日目が12月3日(金)に開催された。

12月3日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:内川幸太郎

南:丸山奏子

西:松本吉弘

北:萩原聖人

第1試合

東1局、丸山1000・2000ツモ。東2局萩原が[白]をポンして1000のアガリと穏やかに局が進むが、大きく動きがあったのは東3局。

東1局 丸山 リーチ・ツモ・タンヤオ 1000・2000 ©ABEMA
東2局 萩原 1000 ©ABEMA

萩原が先制リーチ。丸山が一発で萩原の当たり牌[六]を掴むも、自身も一向聴。強気に[六]を打ちだし萩原のアガリに。

東3局 丸山の手牌 ©ABEMA

なんと4枚使っている[5]が裏ドラ。萩原の倍満のアガリになった。

東3局 萩原 リーチ・一発・タンヤオ・ドラ4・赤1 16000 ©ABEMA

東4局、松本が5巡目に[3][6][9]の三面張でリーチ。ツモって1000・2000。流局、連荘ナシで南入。

東4局 松本 リーチ・ツモ・赤1 1000・2000 ©ABEMA

南1局、丸山が配牌一向聴。2巡目でテンパイしリーチ。すると[赤5]をツモって跳満。松本と同点になった。

南1局 丸山 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ1・赤2 3000・6000 ©ABEMA

南2局、萩原はタンヤオ・赤2の手牌を[⑧]単騎から[二][五][八]待ちノベタンに変化したところでリーチ。

南2局 萩原の手牌 ©ABEMA

しかし、待ち牌は[二]1枚のみ。丸山が対子の[八][7]の選択で、[八]が放たれるかと思われたが、[7]を選択し、放銃回避。リーチにたどり着く。

南2局 丸山の手牌 ©ABEMA

2軒リーチに発展したが流局。

南2局 流局 ©ABEMA

南2局1本場、萩原が先制リーチも、内川が追いつき2軒リーチに。内川がツモって2000・4000。

内川は一気に2着目に浮上。

南2局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 内川 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南3局、萩原が[赤5]を引き入れピンフのリーチ。丸山も一向聴で絶好の[5]を引き入れ勝負するが、宣言牌の[八]は萩原の当たり牌。

南3局 丸山の手牌 ©ABEMA
南3局 萩原 リーチ・ピンフ・赤1 3900 ©ABEMA

萩原が3900をアガってトップ目でオーラスへ。

南4局 丸山の手牌 ©ABEMA

南4局、満貫ツモで2着の丸山。タンヤオ・ピンフ・ドラ1に仕上げリーチ。松本も高目三色のテンパイにたどり着き、リーチ。

南4局 松本の手牌 ©ABEMA

内川も厳しい配牌から一気通貫が完成しテンパイ。しかし放銃すれば4着になる可能性もはらむ。[1]を切ってヤミテンとしツモればトップのテンパイ。

南4局 内川の手牌 ©ABEMA
南4局 松本 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2・赤1 3000・6000 ©ABEMA

結果は松本が安目の[6]ツモだが、裏ドラが1枚のり、3000・6000で萩原を捲ってトップ。

松本は初戦以来のトップで、ABEMASのトータルポイントはプラスとなった。

第1試合トップの松本  ©ABEMA

第1試合結果
1位 松本(ABEMAS)+53.4
2位 萩原(雷電)+11.3
3位 内川(サクラナイツ)▲17.2
4位 丸山(ドリブンズ)▲47.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top