麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【12/3 Mリーグ2021 第2試合結果】雷電・黒沢咲が跳満を3度決める劇的勝利!2着争いは白鳥翔が制する!

【12/3 Mリーグ2021 第2試合結果】雷電・黒沢咲が跳満を3度決める劇的勝利!2着争いは白鳥翔が制する!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」36日目が12月3日(金)に開催された。

12月3日の対戦カード ©ABEMA
解説:河野直也 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果はこちら!

第1試合結果はこちら

第1試合  松本がオーラス逆転トップ!©ABEMA
第1試合終了時点チームランキング ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:園田賢

南:黒沢咲

西:沢崎誠

北:白鳥翔

第2試合

東1局は黒沢と白鳥のリーチ対決。

東1局 白鳥の手牌 ©ABEMA

黒沢がドラの[西]をツモって3000・6000でリード。

東1局 黒沢 リーチ・ツモ・ドラ3・赤1 3000・6000 ©ABEMA

東2局、園田が自風の[北]が暗刻の赤2リーチ。

東2局 園田の手牌 ©ABEMA

親の黒沢は園田の現物[①][④][⑦]のピンフのテンパイするが、ヤミテンとし、終盤には撤退。

東2局 黒沢の手牌 ©ABEMA

白鳥も仕掛けて追いつき、小三元トイトイツモれば三暗刻の倍満テンパイだが、結果は流局。

東2局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東2局 流局 ©ABEMA

東3局1本場、親の沢崎の先制リーチ。黒沢もピンフ・ドラ・赤をリーチとするも沢崎がツモ。4000オールでトップ目に。

東3局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 沢崎 リーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ1 4000オール ©ABEMA

東3局2本場全員ノーテンで流局。

東4局3本場は終盤に全員テンパイ。テンパイを維持した園田が河底で沢崎に放銃し、南入。

東4局3本場 園田の手牌 ©ABEMA
東4局3本場 沢崎 河底・赤1 2600 ©ABEMA

南1局、親の園田が先制リーチ、すぐに黒沢が追いかける。

南1局 園田の手牌 ©ABEMA
南1局 黒沢の手牌 ©ABEMA

園田が[9]を暗槓すると、嶺上に眠っていたのは黒沢の当たり牌[4]

南1局 園田の手牌 ©ABEMA

裏ドラが2枚乗って黒沢の12000のアガリになった。

南1局 黒沢 リーチ・一盃口・ドラ3・赤1 12000 ©ABEMA

南2局、親の黒沢が萬子のホンイツに向かうが、白鳥がリーチしてツモ。1000・2000で局が進む。

南2局 黒沢の手牌 ©ABEMA
南2局 白鳥 リーチ・ツモ・ドラ1 1000・2000 ©ABEMA
南3局 沢崎の手牌 ©ABEMA

南3局、親の沢崎の先制リーチ。

南3局 黒沢の手牌 ©ABEMA

黒沢がカン[6]のタンヤオ・三色・赤のテンパイで強く押すも、園田がツモ番なしリーチ。

南3局 流局 ©ABEMA

2軒リーチに挟まれた黒沢は撤退し、沢崎園田の二人テンパイ。

沢崎の親が続く南3局1本場、黒沢が[④][⑦]待ちのピンフでテンパイし、ヤミテン。

南3局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

沢崎も[⑥][⑨]待ちのピンフをヤミテンとすると、白鳥が[⑨]で放銃。

南3局1本場 沢崎 ピンフ 1500 ©ABEMA

沢崎が2本の供託を回収し微差ながらもトップ目に。

南3局2本場、親の沢崎がタンヤオで仕掛けると黒沢がリーチ。

南3局2本場 沢崎の手牌 ©ABEMA

[赤五]をツモって3000・6000。突き抜けたトップ目になりオーラスへ。

南3局2本場 黒沢 リーチ・ツモ・タンヤオ・ドラ・赤2 3000・6000 ©ABEMA

南4局親番の白鳥が高目三色のリーチ。4巡目に切られた[五]を見て、手を進める沢崎が高目の[三]を打ちだし放銃。

南4局 白鳥 リーチ・三色・ドラ1 12000 ©ABEMA

裏ドラが乗り、白鳥が12000のアガリで2着目に浮上。

南4局1本場、白鳥が[白]バックの仕掛けでテンパイも、園田が高目三色のリーチ。

南4局1本場 園田の手牌 ©ABEMA

このリーチに白鳥はすぐに撤退。待ちの[二][五]は山に残ってはいたが、アガリは出ずに流局し、試合終了。黒沢が大きなトップを持ち帰った。

南4局1本場 流局 ©ABEMA

黒沢のトップで雷電は19戦ぶりのトップ。マイナス500ポイント台から抜け出し、復活の兆しとなった。

第2試合トップの黒沢 ©ABEMA

第2試合結果
1位 黒沢(雷電)+73.5
2位 白鳥(ABEMAS)+6.9
3位 沢崎(サクラナイツ)▲17.6
4位 園田(ドリブンズ)▲62.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月3日トータル結果

雷電(萩原2着・黒沢1着)+84.8
ABEMAS(松本1着・白鳥2着)+60.3
サクラナイツ(内川3着・沢崎3着)▲34.8
ドリブンズ(丸山4着・園田4着)▲110.3

雷電、ABEMASは大きくポイントを加算、ABEMASは3位に浮上した。一方ドリブンズは連続4着と苦しみ6位との差も広がってしまった。次週以降で巻き返しを図りたい。

12月3日終了時点のチームランキング ©ABEMA
12月6日の対局チーム ©ABEMA
12月3日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top