麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【12/21 Mリーグ2021 第2試合結果】佐々木寿人が跳満ツモのリードを守ってチーム連勝!二階堂亜樹は9戦連続2着に!

【12/21 Mリーグ2021 第2試合結果】佐々木寿人が跳満ツモのリードを守ってチーム連勝!二階堂亜樹は9戦連続2着に!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」46日目が12月21日(火)に開催された。

12月21日の対戦カード ©ABEMA
解説:藤崎智 実況:小林未沙 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は滝沢トップで格闘倶楽部チーム創設以来初の暫定首位!

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:白鳥翔

南:萩原聖人

西:二階堂亜樹

北:佐々木寿人

第2試合

東1局、親の白鳥の先制リーチに萩原が[⑧]のワンチャンスになった[⑨]で放銃。

東1局 白鳥 リーチ・赤 3900 ©ABEMA

東1局1本場、萩原と亜樹が残りツモ番1回でテンパイを入れ、流局。

東1局1本場 流局 ©ABEMA

東2局、寿人がピンフ・ドラ2・赤1をリーチ。

東2局 寿人 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2・赤1 3000・6000 ©ABEMA

ツモって3000・6000で大きなリードとなった。

東3局、亜樹がダブ東の[東]をポンして手を進めるが、萩原がカン[4]リーチをツモって1300・2600。

東2局 萩原 リーチ・ツモ・赤1 1300・2600 ©ABEMA

東4局、白鳥の先制リーチに亜樹が追いつき、リーチ。

東4局 白鳥の手牌 ©ABEMA
東4局 亜樹の手牌 ©ABEMA

萩原もカン[6]で追いつき振りかぶってリーチを宣言も、カン[6]はすでに山になく、亜樹の当たり牌[3]を掴む。亜樹の8000のアガリで南入。

東4局 萩原の手牌 ©ABEMA
東4局 亜樹 リーチ・ピンフ・ドラ2 8000 ©ABEMA

 

南1局、寿人が[南][白]をポンして索子のホンイツへ向かうが、なかなかテンパイまでたどりつかない。

南1局 寿人の手牌 ©ABEMA

すると萩原がタンピン高目三色のフリテンリーチを敢行。萩原の待ちはすでに山にない。

南1局 萩原の手牌 ©ABEMA

寿人はテンパイできずに撤退。親の白鳥はテンパイを取り切り連荘。

南1局 流局 ©ABEMA

南1局1本場は萩原のリーチに仕掛けてテンパイしていた寿人が放銃し、局が進む。

南1局1本場 萩原の手牌 ©ABEMA
南1局1本場 寿人の手牌 ©ABEMA

南2局、ラス目の萩原の親番。加点したいが、白鳥仕掛けて索子のチンイツ、亜樹が門前で筒子のホンイツテンパイ。

南2局 白鳥の手牌 ©ABEMA

白鳥、亜樹のどちらかのアガリかと思われたが、萩原がカン[7]待ちでリーチ。

南2局 萩原の手牌 ©ABEMA

[①][白]のシャンポン待ちで聴牌していた亜樹がリーチの一発目に持ってきたのはドラ[8]。ここで一旦テンパイを崩すと、[1]をポンして待ちを変化させた白鳥が放銃。

南2局 亜樹の手牌 ©ABEMA
南2局 白鳥の手牌 ©ABEMA

裏ドラがのり萩原の12000のアガリとなった。

南2局1本場、亜樹が[②][⑤]のノベタンリーチ。他家は撤退し、亜樹の一人テンパイで流局。

南2局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

南3局3本場、寿人が[中]をポンして3副露。カン[七]テンパイ。道中[1]が暗刻になり[六]単騎でテンパイ。

寿人が切った[八]に合わせて萩原が[八]を切ると、亜樹がチーして形式テンパイへ向かう。

南3局 亜樹の手牌 ©ABEMA

すると寿人が[六]をツモって700・1300。寿人トップ目でオーラスへ。

南3局 寿人 中・赤1 700・1300 ©ABEMA

南4局、1000・2000ツモでトップになる亜樹。カン[7]待ちの一盃口でテンパイしリーチ。

南4局 亜樹の手牌 ©ABEMA
南4局 萩原の手牌 ©ABEMA

満貫ツモでトップの萩原もカン[七]で追いかける。

白鳥もリーチを宣言するが、結果は三人テンパイで流局。親の寿人は手牌を伏せて決着。トップを守りきった。

南4局 白鳥の手牌 ©ABEMA
南4局 流局 ©ABEMA

格闘俱楽部はタキヒサ登板で連勝し、ポイントを大きく積み上げた。

第2試合トップの寿人 ©ABEMA

第2試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+55.0
2位 亜樹(風林火山)+9.7
3位 萩原(雷電)▲14.2
4位 白鳥(ABEMAS)▲50.5

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

12月21日トータル結果

麻雀格闘倶楽部(滝沢1着・寿人1着)+122.6
雷電(本田2着・萩原3着)▲3.9
風林火山(瑠美3着・亜樹2着)▲18.3
ABEMAS(松本4着・白鳥4着)▲100.5

タキヒサが連勝を決めて一気に風林火山をかわして首位に浮上した。2018シーズンから通じて初のMリーグ首位に浮上した。ABEMASは苦しい戦いとなり6位に陥落した。

12月21日終了時点のチームランキング ©ABEMA
12月22日の対局チーム ©ABEMA
12月21日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top