麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【2/7 Mリーグ2021 第2試合結果】熾烈なアガリ合戦を制して二階堂亜樹が逆転勝利!風林火山は連勝で首位Piratesに詰め寄る!

【2/7 Mリーグ2021 第2試合結果】熾烈なアガリ合戦を制して二階堂亜樹が逆転勝利!風林火山は連勝で首位Piratesに詰め寄る!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」71日目が2月7日(月)に開催された。

2月7日の対戦カード © ABEMA
解説:渋川難波 実況:松嶋桃 ©ABEMA
これまでのポイント推移 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 完璧な試合運びで松ヶ瀬がトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:黒沢咲

南:二階堂亜樹

西:堀慎吾

北:石橋伸洋

黒沢はレギュラーシーズン通算100戦目の登板。

第2試合

東1局、石橋がカン[8]待ちでリーチし、一発ツモ。2000・4000で一歩リード。

東1局 石橋 リーチ・一発・ツモ・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

東2局、親の亜樹が2900。4000オールと連続でアガリを決め、続く2本場でも先制リーチ。

東2局 亜樹 ダブ東 2900 ©ABEMA
東2局1本場 亜樹 ツモ・七対子・ドラ2 4000オール ©ABEMA
東2局2本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

しかし、ドラの[白]をポンした堀のアガリとなった。

東2局3本場 堀 白・ドラ3 2000・4000 ©ABEMA

東3局、親の堀が仕掛けて3900をアガリ連荘。次局亜樹がピンフのヤミテンでアガリ切り南4局へ。

東3局 堀 白・赤1 3900 ©ABEMA
東3局1本場 亜樹 ピンフ 1000 ©ABEMA

東4局、親の石橋が12000点のヤミテン。堀もピンフのテンパイをヤミテン。

東4局 石橋の手牌 ©ABEMA
東4局 黒沢の手牌 ©ABEMA

ドラドラ赤赤の黒沢が、手が進むと[5]で石橋への放銃も考えられたが、堀への放銃となり、南入。

東4局 堀 1000 ©ABEMA

南1局、終盤に親の黒沢がテンパイし、リーチ。

南1局 黒沢の手牌 ©ABEMA

堀がドラの[七]を勝負してツモ番ナシリーチで追いかける。

南1局 堀の手牌 ©ABEMA

この[七]をポンして亜樹がテンパイ。

南1局 亜樹の手牌 ©ABEMA

すると石橋が国士無双のテンパイ。待ちの[9]は山に残っており、残るはハイテイ黒沢のツモ番。

南1局 石橋の手牌 ©ABEMA

全員テンパイの中、ハイテイにいたのは黒沢のアガリ牌[③]だった。黒沢2000オールで連荘。

南1局 黒沢 リーチ・ツモ・海底 2000オール

南1局1本場、堀と亜樹のリーチ対決。

南1局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

軍配は堀。2000・4000のアガリでトップ目に浮上。

南1局1本場 堀 リーチ・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1 3000・6000 ©ABEMA

南2局。石橋が仕掛けてテンパイ、堀のリーチをかわして親の亜樹がアガリ切り、連荘。

南2局 石橋の手牌 ©ABEMA
南2局 堀の手牌 ©ABEMA
南2局 亜樹 タンヤオ・赤1 2900 ©ABEMA

南2局1本場、黒沢が先制リーチもアガったのは堀。トップ目で親番を迎える。

南2局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
南2局1本場 タンヤオ・赤1 500・1000 ©ABEMA

南3局、石橋がフリテンリーチし、1人テンパイで流局し、オーラスへ。

南3局 流局 ©ABEMA

オーラス、2着目の亜樹が七対子の[発]単騎でリーチ。

南4局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

亜樹の河は七対子には見えづらく、[発]は1枚切れ。堀が抱えた[発]で放銃する可能性は大いにあったが、堀は打たず、丁寧に撤退し流局を願う。

すると、倍満ツモを狙った黒沢。カン[④]待ちの三色リーチ。亜樹からの直撃でも着順アップのチャンス。

南4局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
南4局1本場 亜樹 リーチ・ツモ・七対子・ドラ2 3000・6000 ©ABEMA

2軒リーチに発展し、いよいよ堀から[発]から放たれるかと思われたが、堀は放銃せず耐え抜き終盤までもつれた。しかし終盤に亜樹がツモアガリ。

裏ドラがのって3000・6000。堀を一気に抜きさり亜樹がトップとなった。

松ヶ瀬・亜樹の連勝で風林火山は126.9ポイントをプラスし、首位まであとわずかとなった。

第2試合トップの伊達 ©ABEMA

第2試合結果
1位 亜樹(風林火山)+65.3
2位 堀(サクラナイツ)+15.0
3位 石橋(Pirates)▲28.9
4位 黒沢(雷電)▲51.4

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月7日トータル結果

風林火山(松ヶ瀬1着・亜樹1着)+126.9
サクラナイツ(岡田2着・堀2着)+31.0
雷電(萩原3着・黒沢4着)▲67.0
Pirates(朝倉4着・石橋3着)▲90.9

首位Piratesが苦戦、風林火山が大きくスコアを伸ばしたことでポイント差は僅か15.8ポイント差となった。Piratesもセミファイナル進出安泰とはまだまだ言えない状況となるだろう。明日は3位、5位、6位、7位のチームの戦い。熾烈なボーダー争いとなりそうだ。

2月7日終了時点のチームランキング ©ABEMA
2月8日の対局チーム ©ABEMA
2月7日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top