麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【2/18 Mリーグ2021 第2試合結果】石橋伸洋が得意技赤切りも見せてアガリ7回で快勝!Pirates、風林火山がポイントを伸ばす1日に!

【2/18 Mリーグ2021 第2試合結果】石橋伸洋が得意技赤切りも見せてアガリ7回で快勝!Pirates、風林火山がポイントを伸ばす1日に!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2021」78日目が2月18日(金)に開催された。

2月18日の対戦カード © ABEMA
解説:渋川難波 実況:松嶋桃 ©ABEMA

第1試合結果記事

第1試合結果記事はコチラ

第1試合 勝又がオーラスに抜け出してトップ! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:園田賢

南:二階堂亜樹

西:石橋伸洋

北:黒沢咲

第2試合

東1局、石橋が一盃口完成。一旦[五]単騎にとるが、[南]単騎に変えてリーチ。

東1局 石橋の手牌 ©ABEMA

[南]が対子の黒沢が対子で落としで一発放銃。石橋5200のアガリで好スタート。

東1局 黒沢の手牌 ©ABEMA
東1局 石橋 リーチ・一発・一盃口 5200 ©ABEMA

次局は放銃に回った黒沢の500・1000のアガリで局が進む。

東2局 黒沢 500・1000 ©ABEMA

東3局、親番の石橋がテンパイし、小考。現状リーチのみだが、ドラ引きや一気通貫への変化もある手牌。[九]単騎にとり、そのままツモアガって連荘。

東3局 石橋の手牌 ©ABEMA
東3局 石橋 500オール ©ABEMA

東3局1本場は亜樹が先制リーチ。黒沢が追いかけてリーチ。

東3局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 黒沢の手牌 ©ABEMA

終盤に石橋もテンパイし、3人テンパイで流局。王牌には黒沢の待ちの[④][⑦]が5枚眠っていた。

東3局1本場 石橋の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 流局 ©ABEMA

そこから石橋が3局連続でアガリを決める。持ち点は6万点を超えた。

南3局2本場では得意技赤切りも披露。ただここでは出アガリではなくツモアガリとなり得点を下げてしまう結果となった。

東3局2本場 石橋 ツモ・タンヤオ・ピンフ・ドラ1・赤1 4000オール ©ABEMA
東3局3本場 石橋 リーチ・一発・赤1 7700 ©ABEMA
東3局4本場 石橋 リーチ・赤1 3900 ©ABEMA

東3局は5本場まで積まれ、先制は亜樹がリャンメンリーチ。

東3局5本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

石橋がタンヤオドラドラの一向聴でまっすぐに手を進めていくが、アガリは追いかけた黒沢。2000・4000のアガリで親番を迎える。

東3局5本場 黒沢の手牌 ©ABEMA
東3局5本場 黒沢 リーチ・一発・ツモ・ドラ1・赤1 2000・4000 ©ABEMA

東4局、ドラドラの石橋が[⑥]をポンしてタンヤオ仕掛けで一向聴。

東4局 石橋の手牌 ©ABEMA

結果は園田がリーチし一発ツモ。2000・4000のアガリで黒沢との点差を詰める。亜樹は箱下に沈んだ。

東4局 園田 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

南1局、先制テンパイは石橋。自風の[西]の片アガリでテンパイだが、黒沢からのリーチを受け撤退。

黒沢が満貫のツモアガリで再び3着目の園田を突き放す。

南1局 黒沢 リーチ・ツモ・ドラ2・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南2局、箱下の亜樹の親番。5巡目で12000確定リーチ。待ちは[八]残り1枚となったが、ツモって6000オールで3着目、次局4000オールのアガリで2着目へと着順をあげていく。

南2局 亜樹 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2・赤2 6000オール ©ABEMA
南2局1本場 亜樹 白・中・ドラ1・赤1 4000オール ©ABEMA

南2局2本場、園田のリーチに石橋が押し切って局が進む。

南2局2本場 園田の手牌 ©ABEMA
南2局2本場 石橋 1000 ©ABEMA

南3局は亜樹がピンフ高目一盃口の先制リーチに、一向聴の園田が一発で高目を掴み放銃。

南3局 亜樹の手牌 ©ABEMA
南3局 園田の手牌 ©ABEMA

裏ドラが2枚乗って12000のアガリで亜樹はトップ目石橋と6100点差になった。

南3局 亜樹 リーチ・一発・ピンフ・一盃口・ドラ2 12000  ©ABEMA

オーラスは黒沢がドラの[北]単騎リーチ。

南4局 黒沢の手牌 ©ABEMA

リーチの一発目、テンパイした石橋が無筋の[⑤]をプッシュしてアガリを決めて逃げ切った。

南4局 石橋 ピンフ・赤1・2000 ©ABEMA

1戦目で風林火山に首位を明け渡したが、この勝利でPiratesは再び首位にたった。

第2試合トップの石橋 ©ABEMA

第2試合結果
1位 石橋(Pirates)+68.5
2位 亜樹(風林火山)+19.4
3位 黒沢(雷電)▲23.1
4位 園田(ドリブンズ)▲64.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

2月18日トータル結果

風林火山(勝又1着・亜樹2着)+83.0
Pirates(小林2着・石橋1着)+71.4
雷電(本田4着・黒沢3着)▲70.8
ドリブンズ(たろう3着・園田4着)▲83.6

上位2チームが大きくスコアを伸ばし、下位2チームが苦しむ結果となった。ドリブンズはセミファイナルボーダーとの差が317.6ポイントとなり、残り12戦でこの点差を逆転しなければならず、やや条件が厳しい状況となってきた。

2月18日終了時点のチームランキング ©ABEMA
2月21日の対局チーム ©ABEMA
2月18日終了時点の個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top