麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

スリアロチャンネル
【3/24  Mリーグ2021-22 SF3日目 第2試合結果】堀慎吾が東1局の親跳満ツモのリードで逃げ切り! サクラナイツがチーム連勝で2位に浮上!

【3/24 Mリーグ2021-22 SF3日目 第2試合結果】堀慎吾が東1局の親跳満ツモのリードで逃げ切り! サクラナイツがチーム連勝で2位に浮上!

BULL2021求人ニルウッドカバー

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22セミファイナルシリーズ、3日目が3月24日(木)に開催された。

3月24日の対戦カード ©ABEMA
解説:仲林圭 実況:日吉辰哉 ©ABEMA
3月24日第1試合終了時点のチームランキング ©ABEMA

【Mリーグ】『M.LEAGUE(Mリーグ)』のポップアップストアイベントが4月9日~4月25日にかけて秋葉原で開催決定!

第1試合結果

第1試合結果記事はコチラ

第1試合は岡田が今シーズン2勝目! ©ABEMA

第2試合出場選手

第2試合の出場選手 ©ABEMA

東:堀慎吾

南:多井隆晴

西:二階堂瑠美

北:高宮まり

これで各チーム所属選手が全員1戦ずつ出場することとなった。

第2試合

開局親の堀が瑠美とのリーチ対決を制し、6000オールのアガリで大量リード。

東1局 瑠美の手牌 ©ABEMA
東1局 堀 リーチ・一発・ツモ・タンヤオ・ピンフ・赤1 6000オール ©ABEMA

堀、次局も1人テンパイで流局と加点するが、東1局2本場に高宮が2000・4000のツモアガリで局が進む。

東1局2本場 高宮 リーチ・ツモ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

東2局、堀の1人テンパイで流局を挟み、東3局1本場。

高宮がドラドラ七対子のテンパイをヤミテン。

東3局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA

堀がピンフ赤赤の手牌をリーチとすると、[①]単騎でテンパイを継続していた高宮がリーチして追いかける。

東3局1本場 堀の手牌 ©ABEMA
東3局1本場 高宮の手牌 ©ABEMA

すると瑠美がドラの[六]引きを考慮し[五]を残した手牌から、どちらのリーチにも通っていない[6]を押していく。

テンパイ打牌で高宮の当たり牌[①]が選ばれるかと思われたが、[④]切りを選んで[三][六]リーチにたどり着く。

堀が一発で[三]掴み、瑠美の12000のアガリで東発で開いた点差が僅差に。

東3局1本場 瑠美 リーチ・一発・ピンフ・ドラ1 12000 ©ABEMA

次局は高宮が[白]を仕掛けて多井からのアガリを決め、親番を迎える。

東3局1本場 高宮 白 1000 ©ABEMA

東4局は多井のリーチにテンパイしていた高宮が放銃し、南入。

東4局 高宮の手牌 ©ABEMA
東4局 多井 リーチ・ドラ1 2600 ©ABEMA

南1局、堀がピンフのリーチを一発でツモアガり、裏ドラが1枚乗って4000オール。再び抜け出した。

南1局 堀 リーチ・一発・ツモ・ピンフ・ドラ1 4000オール ©ABEMA

その後点況が大きく動いたのは南3局。多井が索子のホンイツへ向かう道中、高宮からのリーチを受けるもまっすぐに押していきテンパイ。

南3局 高宮の手牌 ©ABEMA
南3局 多井の手牌 ©ABEMA

親番の瑠美も仕掛けてテンパイするが、多井の当たり牌[8]を掴む。逡巡するが、結果多井に放銃。多井は8000のアガリでラス目から2着目に浮上しオーラスへ。

南3局 瑠美の手牌 ©ABEMA

オーラス、先制テンパイは堀。[③][⑥]の役ナシテンパイを一旦はヤミテンとし、親の高宮が仕掛けたことで、親からリーチがなくなった事もあり、リーチに踏み切った。

南4局 高宮の手牌 ©ABEMA
南4局 堀の手牌 ©ABEMA

高宮がその後トイトイをテンパイ。2着目の多井は3着目の高宮と1600点差。放銃するとかなりの確率で着順が落ちる状況だが、[1]をポンして索子のチンイツテンパイで[⑥]を勝負。

南4局 多井の手牌 ©ABEMA

堀への放銃となり、堀の5200のアガリで決着。

南4局 堀 リーチ・ドラ1・赤1 5200 ©ABEMA

サクラナイツは岡田、堀の連勝で137ポイントをプラスした。

第2試合トップの堀 ©ABEMA

第2試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+67.2
2位 高宮(麻雀格闘倶楽部)+0.7
3位 多井(ABEMAS)▲22.9
4位 瑠美(風林火山)▲45.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第2試合詳細結果 ©ABEMA

3月24日トータル結果

サクラナイツ(岡田1着・堀1着)+137.0
麻雀格闘倶楽部(滝沢2着・高宮2着)+6.6
風林火山(松ヶ瀬3着・瑠美4着)▲67.7
ABEMAS(日向4着・多井3着)▲75.9

サクラナイツが連勝で大きくスコアを伸ばして2位に浮上、首位攻防戦となった麻雀格闘倶楽部とABEMASは、麻雀格闘倶楽部が連続2着で持ちこたえたがABEMASは4着3着で一歩後退となった。風林火山は苦しい戦いが続きポイントがマイナス圏に。来週以降の戦いで持ち直していきたいところだ。

3月24日終了時点のチームランキング ©ABEMA
セミファイナルシリーズ4日目 3月25日の対局チーム ©ABEMA
3月24日終了時点のSF個人ランキング

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top