麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

学生麻雀連盟
【4/1  Mリーグ2021-22 SF8日目 第1試合結果】南場の親番まで我慢に我慢を重ねた近藤誠一らしいトップ!フェニックスはワンランクアップのトータル4位に浮上!

【4/1 Mリーグ2021-22 SF8日目 第1試合結果】南場の親番まで我慢に我慢を重ねた近藤誠一らしいトップ!フェニックスはワンランクアップのトータル4位に浮上!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22セミファイナルシリーズ、8日目が4月1日(金)に開催された。

4月1日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:松嶋桃 ©ABEMA
3月31日終了時スコア ©ABEMA

【Mリーグ】『M.LEAGUE(Mリーグ)』のポップアップストアイベントが4月9日~4月25日にかけて秋葉原で開催決定!

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:朝倉康心

南:勝又健志

西:近藤誠一

北:滝沢和典

第1試合

東1局は滝沢が先制リーチ。勝又も追いかけるが、滝沢が高目[⑧]をツモって2000・4000のアガリ。

東1局 滝沢 リーチ・ツモ・ピンフ・一盃口・ドラ1 2000・4000 ©ABEMA

しかし次局朝倉の早いホンイツに放銃し、失点。

東2局 朝倉 白・發・ホンイツ 8000 ©ABEMA

東3局、親の近藤がドラの[六]を暗槓して18000のテンパイだが、滝沢が白の片アガリテンパイを取ってアガリを決めた。

東3局 近藤の手牌 ©ABEMA
東3局 滝沢 白・ドラ1・赤1 1300・2600 ©ABEMA

東4局は勝又が国士無双の一向聴になるも、朝倉が仕掛けて2000のアガリで南入。

東4局 勝又の手牌
東4局 朝倉 タンヤオ・赤1 2000 ©ABEMA

南1局、親の朝倉が[白]をポンしてテンパイ。勝又のリーチに押すが、押した[2]は勝又の当たり牌。勝又の5200のアガリとなった。

南1局 朝倉の手牌 ©ABEMA
南1局 勝又 リーチ・ドラ1・赤1 5200 ©ABEMA

南2局は配牌で滝沢が一気通貫の一向聴。近藤から出た[二]をチーすればカン[八]待ちのテンパイとなるが、取らず。タンヤオピンフ系を目指すが、ダブ南を仕掛けた近藤のアガリとなった。

南2局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南2局 近藤 ダブ南・ドラ1 3900 ©ABEMA

南3局は滝沢がドラ[二]をポン。滝沢にテンパイが入る[7]を、上家の親の近藤が使い切ってリーチにたどり着く。

南3局 滝沢の手牌 ©ABEMA
南3局 近藤の手牌 ©ABEMA

リーチ時も[③][⑥][⑨][4][7]か待ちを選択できた近藤の手牌だったが、[4][7]を選択し見事ツモって2600オールのアガリを決めた。

南3局 近藤 リーチ・ツモ・ピンフ・赤1 2600オール

次局もフリテンの[二][五]待ちをリーチし、ツモアガって4000オールで一気に突き抜けた。

南3局1本場 近藤 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2 4000オール ©ABEMA

南3局2本場、近藤以外の三者が僅差。先制リーチは滝沢だが、[発]を仕掛けて赤赤の手牌の勝又。[白]が槓子になり暗槓。[発]も加槓して勝負。

南3局2本場 滝沢の手牌 ©ABEMA

滝沢が勝又の当たり牌を掴む。勝又8000のアガリで少し抜けた2着目に浮上しオーラスへ。

南3局2本場 勝又の手牌 ©ABEMA
南3局2本場 勝又 白・發・赤2 8000 ©ABEMA

オーラスは、北家の近藤が[北]をポン。

南4局 近藤の手牌 ©ABEMA

勝又が差し込み着順そのままで決着した。

南4局 勝又の手牌 ©ABEMA
南4局 近藤 北 1000 ©ABEMA

近藤のトップでフェニックスは1ランクアップ。下位チームの激戦は続く。

第1試合トップの近藤 ©ABEMA

第1試合結果
1位 近藤(フェニックス)+65.4
2位 勝又(風林火山)+6.8
3位 朝倉(Pirates)▲22.2
4位 滝沢(麻雀格闘倶楽部)▲50.0

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

第2試合結果記事はこちら

第2試合は序盤で抜け出した小林剛が逃げ切り! ©ABEMA

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top