麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

CABOクィーンカップ
【4/7  Mリーグ2021-22 SF11日目 第1試合結果】開局裏3の倍満炸裂!堀慎吾完全勝利!サクラナイツは300ポイント超え!

【4/7 Mリーグ2021-22 SF11日目 第1試合結果】開局裏3の倍満炸裂!堀慎吾完全勝利!サクラナイツは300ポイント超え!

BULL2021求人健康マージャン全国会

麻雀プロリーグ朝日新聞Mリーグ2021-22セミファイナルシリーズ、11日目が4月7日(木)に開催された。

4月7日の対戦カード ©ABEMA
解説:渋川難波 実況:日吉辰哉 ©ABEMA
4月5日終了時点のチームランキング ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:石橋伸洋

南:魚谷侑未

西:堀慎吾

北:多井隆晴

第1試合

東1局 堀の手牌 ©ABEMA

東1局、1枚切れの[白]とドラの[①]のシャンポン待ちでリーチした堀。

東1局 石橋の手牌 ©ABEMA

親の石橋もテンパイして追いかける。魚谷が石橋の一発を消し、テンパイも目指せるチーをいれると、堀が[白]をツモアガリ。

東1局 魚谷の手牌 ©ABEMA

裏ドラが3枚乗って倍満のアガリでスタート。

東1局 堀 リーチ・ツモ・白・ドラ5 4000・8000 ©ABEMA

東2局、魚谷が1000オールをアガって連荘。石橋がペン[3]待ちの赤赤でリーチをするが、親の魚谷が[3][6]待ちですぐに追いつく。

東2局1本場 石橋の手牌 ©ABEMA

石橋が持ってきたのは[6]。倍満親被りから12000の放銃で展開はかなり厳しくなる。

東2局1本場 魚谷 リーチ・一発・タンヤオ・ドラ2 ©ABEMA

次局は多井が仕掛けて[⑧]単騎の8000を魚谷から捉える。

東2局1本場 多井 タンヤオ・ドラ2・赤2 8000 ©ABEMA

東3局、堀が親番で三色変化を見据えたヤミテン。高目三色に変化し、最終的に[赤5]をツモって6000オール、次局も7700とアガって突き抜ける。

東3局 堀 ツモ・タンヤオ・ピンフ・三色・ドラ2・赤2 6000オール ©ABEMA
東3局1本場 堀 三色・赤1 7700 ©ABEMA

東3局2本場、箱下に沈んだ石橋が1000・2000をアガって地上に復帰。

東3局2本場 タンヤオ・赤2 1000・2000 ©ABEMA

東4局は多井が連荘して2本場。多井のリーチ宣言牌を魚谷が捉え、南入。

東4局2本場 多井の手牌 ©ABEMA
東4局2本場 魚谷 三色 2600 ©ABEMA

ここで堀が大三元も見える配牌。仕掛けて索子に寄せていくと、魚谷がキー牌の[7]を切って堀を鳴かせに行く。

南1局 魚谷の手牌 ©ABEMA

結果ピンフドラ1をテンパイしている魚谷がツモ切った[中]で、堀の12000のアガリとなった。

南1局 堀 ホンイツ・白・發・小三元 12000 ©ABEMA

南2局、石橋のリーチ。テンパイした堀が一発目に[6]を勝負。

南2局 堀の手牌 ©ABEMA

この[6]は石橋の当たり牌。裏ドラが2枚乗って12000になり、魚谷の上を行く。

南2局 石橋 リーチ・一発・ピンフ・ドラ3 12000 ©ABEMA

南3局、ドラドラ赤の手牌の魚谷。[発]が暗刻になってアガリ切り、3着目に浮上。

南3局 魚谷 發・ドラ2・赤1 2000・4000。

オーラスは魚谷が着順アップを目指し、自風の[西]をポンしてトイトイを見て手を進め、石橋もドラの[南]を重ねて索子に寄せていくが、堀が七対子をアガってフィニッシュ。

南4局 石橋の手牌 ©ABEMA
南4局 堀 七対子 1600 ©ABEMA

加点を続け、リードをひた走った完全勝利であった。

第1試合トップの堀 ©ABEMA

第1試合結果
1位 堀(サクラナイツ)+79.9
2位 多井(ABEMAS)▲1.3
3位 魚谷(フェニックス)▲25.8
4位 石橋(Pirates)▲52.8

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top