麻雀ウォッチ

日本最大級の麻雀専門ニュースサイト!プロ雀士やイベントの情報をはじめ動画やマンガ・アニメ、アーケードゲーム情報まで麻雀関連の事柄全てを網羅します

大洋技研株式会社
【10/31 Mリーグ2022-23 第1試合結果】攻守のメリハリを効かせて寿人が3勝目!

【10/31 Mリーグ2022-23 第1試合結果】攻守のメリハリを効かせて寿人が3勝目!

BULL2021求人朝宮あろま

麻雀プロリーグ「大和証券Mリーグ2022-23」19日目が10月31日(月)に開催された。

10月31日の対戦カード ©ABEMA
解説:石橋伸洋 実況:日吉辰哉 ©ABEMA

第1試合出場選手

第1試合の出場選手 ©ABEMA

東:佐々木寿人

南:近藤誠一

西:小林剛

北:二階堂亜樹

第1試合

東1局は小林が[④]をチーして一気通貫のカン[②]待ちで先制テンパイ。

東1局 小林の手牌 ©ABEMA

小林、ドラの[中]を切ると寿人がポンしてテンパイ。亜樹が寿人の現物[②]で小林に放銃となった。

東1局 寿人の手牌 ©ABEMA
東1局 小林 一気通貫・ドラ1・赤1 ©ABEMA

東2局、寿人が仕掛けて[⑧]で高目三色の[⑤][⑧]待ちテンパイ。親の近藤も仕掛けて三色のペン[7]待ちだが、近藤の待ちはすでに山になく、[⑧]で寿人へ3900の放銃となった。

東2局 近藤の手牌 ©ABEMA
東2局 寿人 タンヤオ・三色・ドラ1 3900 ©ABEMA

東3局は亜樹が2巡目でピンフをテンパイしてリーチ。ツモって雀頭の[九]が裏ドラで2000・4000のアガリでトップ目に立つ。

東3局 亜樹 リーチ・ツモ・ピンフ・ドラ2 2000・4000 ©ABEMA

東4局は寿人がカン[五]を引き入れ4巡目でピンフテンパイでリーチ。亜樹から3900のアガリを決め、あっという間に南入。

東4局 寿人 リーチ・ピンフ・ドラ1 3900©ABEMA

南1局、小林が風牌の[西]を仕掛けてテンパイ。近藤がオタ風の[北]からポンしてソーズのホンイツに向かうが、小林がさっと1000・2000のアガリを決めて局を進める。

南1局 近藤の手牌 ©ABEMA
南1局 小林 西・ドラ2 1000・2000 ©ABEMA

南2局、完全イーシャンテンになった親の近藤がドラの[南]を切ると寿人がポン。カン[③]待ちをツモって2000・4000の加点。

南2局 近藤の手牌 ©ABEMA
南2局 寿人 南・ドラ3・赤1 2000・4000 ©ABEMA

南3局、近藤がツモリ四暗刻をテンパイしてリーチ。

南3局 近藤の手牌 ©ABEMA

アガリ牌の[3]はリーチ時山に2枚残っていたが、アガリは出ず。親の小林も仕掛けてタンヤオでテンパイしていたが、最終手番でテンパイを崩し、オーラスへ。

南4局1本場は、親の亜樹がドラの[①]をポンしてピンズのホンイツへ。

満貫をツモればップになる小林。[③]を切るとテンパイだが、ピンズのホンイツ模様の下家亜樹の仕掛けも考慮したか、逡巡するが[中][西]のシャンポン待ちでリーチ。

南4局1本場 小林の手牌 ©ABEMA

これに対し、[発]単騎の七対子でテンパイしていた寿人。[中]を吸収して撤退。亜樹テンパイして連荘。

南4局1本場 亜樹の手牌 ©ABEMA

次局は亜樹と寿人の2人テンパイで流局。2着目の小林はテンパイできず。テンパイノーテンで亜樹と着順が入れ替わる。

南4局3本場、寿人がカン[四]をチーして[白]の後付け。のちに[白]もポンでき、近藤のリーチを受けるが、[七]をツモって逃げ切った。

南4局2本場 寿人 白・ドラ・赤1 1000・2000 ©ABEMA

これで寿人は5戦3勝と絶好調。個人成績は170.2ポイントの2位につけた。

第1試合トップの寿人 ©ABEMA

第1試合結果
1位 寿人(麻雀格闘倶楽部)+63.2
2位 亜樹(風林火山)+4.4
3位 小林(Pirates)▲16.9
4位 近藤(フェニックス)▲50.7

点数推移グラフ ©ABEMA
第1試合詳細結果 ©ABEMA
第1試合終了時点のトータルランキング ©ABEMA

第2試合結果記事

関連ページ

この記事のライター

麻雀ウォッチ編集部
麻雀界の最新ニュース、コラム、インタビュー、ランキング、スケジュールなど、麻雀に関するあらゆる情報を発信する日本最大級の麻雀ニュースサイトです。

新着記事

Return Top